■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ブータン布 キラ アイカプール (05)
ブータン布 キラ アイカプール(5) 1

ブータン布 キラ アイカプール(5) 2

ブータン布 キラ アイカプール(5) 3

 生糸で織られたブータンのキラ アイカプール
 王族のために織られ、そして、王族から 王族の身近な人に
 与えられたものだろう。

 生糸はどこから輸入されたのだろう。
 たぶんインドからだろう。
 ブータンの厚いキラ、140cmx250cmの大きさのキラを
 織り上げようとすれば、2キロ近い生糸が必要だ。
 こんな生糸のキラを着ることが出来るのは、
 王族か、余程身分の高い人以外には考えられない。
 材料費だけで、とんでもない値段になるはずだ。
 インドのシルクサリーは、100cmx550cmでも、500g程度、
 気候、衣服の形で、織りはこんなにも違ってしまうのだ。
 豪華なバラナシサリーは、ジャガード織りであるが、
 ブータンのものはすべて、手作業である。
 手間と時間のかかった心のこもった織物だ。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ

日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ




ブータンの布 キラ アイカプール | 14:43:54 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。