■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク 夕食のおかずを買いに
バンコクから 夕食のおかずを買いに 1

バンコクから 夕食のおかずを買いに 2

バンコクから 夕食のおかずを買いに 3

バンコクから 夕食のおかずを買いに 4

バンコクから 夕食のおかずを買いに 5

バンコクから 夕食のおかずを買いに 6

バンコクから 夕食のおかずを買いに 7

バンコクから 夕食のおかずを買いに 8

バンコクから 夕食のおかずを買いに 9

バンコクから 夕食のおかずを買いに 10

 夕方近くなって、散歩がてらに、夕食のおかずを買いに出かけた。
 今日のバンコクは、全くの夏の天気、少し歩くだけで、汗がにじみ出てくる。
 
 カセムサン1の通りを歩いていくと、太った東北タイの女の子が、炭火の上で串に
 刺した鶏のレバー、肝、鶏の足などを焼いている。
 少し歩くと、今度は 焼き芋や、いつもはバナナを焼いているおばさんが、
 今日は、材料を代えて、大きな焼き芋を焼いている。
 一人では食べきれないくらいの大きさの芋だ。

 散歩だから、時間は気にしない。
 カセムサンの通りを出ると、大通りのラーマ1世道路に出る。
 その通りに沿って、歩き始める。ジム・トンプソンの家のあるカセムサン2の通りには入らず、
 SIAM@SIAMホテルの脇のカセムサン3の通りに入る。
 この道をまっすぐ進むと、サンセーブ運河にぶつかる。
 この道の運河の手前には、マンションが出来、今売り出しの最中だ。

 運河にかかる橋を渡ると、チャム族の住むバーン・クルアの集落に入る。
 この集落の中の迷路のような道を抜けていくと、下町情緒のあふれる界隈に出る。
 運河を隔てて、別の世界が広がっている。
 一つは近代的ビルディングの広がる街、もう一つは昔ながらのバンコクの姿を残す街、
 私の好む街は、昔ながらのバンコクの姿を街だから、暇があれば、運河の向こう側の
 昔ながらの街にやってくる。

 狭い道に露天や屋台、昔ながらの街並みは、私の気持ちをほぐしてくれる。
 20年以上も前に初めて訪れた頃のバンコクの姿が、この界隈には残っている。
 露店のカキ氷やなど、かんなを逆さにしたような道具を使って、氷をかいている。
 いつの時代から使われている道具なのだろう。
 店の叔父さんも同じくらいに古い。
 こんな叔父さんの姿を見ると、バンコクもまだ捨てたものではないと思うのだ。
 こういう店では、当然 私もカキ氷を注文する。
 赤いシロップに 白いコンデンスミルク、懐かしい時代の夏の風物詩がそこにはある。
 少し先に行けば、手作りのタイのお菓子、寒天を使った菓子は、色とりどりで美しい。

 夕暮れ時のこの時間には、夕食のためのおかずも 数え切れないくらいに並んでいる。
 その奥の露地に入り込んでみれば、昔ながらの小さな市場があり、野菜だの肉だのを
 昔ながらのやり方で売っている。
 何度もこの界隈には来ていたけれど、こんな市場があったとは露知らなかった。
 こんな市場で売られている野菜は、ラップにくるまれた野菜とは違って
 生き生きしている。
 ここには、売り手と買い手が 顔を合わせながら 言葉を掛け合う人間らしいかかわりがある。
 殺風景なスーパーマーケットなど 便利さだけで、人間の生活に活力は与えてくれない。
 ここには、売り手と買い手の品物を介した信頼関係、そうした形が、今も残っている。

 今晩のおかずは、緑のナスを豚のひき肉で炒めたもの、かぼちゃの新芽を軽く炒め、
 薄味で煮たもの、そして日本のアサリに似た貝、ホイ・ラーイの少し辛い味噌炒め、
 この三品のおかずをそれぞれ20バーツずつ、ビニール袋に入れてもらう。
 私がおかずを買った店では、15バーツから袋に詰めてくれる。
 少し、時間が遅くなれば、一袋10バーツの袋詰めのおかずも売り出される。
 庶民相手の市場ならではの安売りだ。
 しかし、物価高のせいか、袋に詰めるおかずの量が、心持少なくなっている。
 三品のおかずを片手にぶら下げて、家路へ向かった。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ

日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ



バンコク 食べ物 | 13:01:19 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
はじめまして、こんにちは。
とてもすばらしいアジアの布の宝庫ですね。
ひとつひとつ丁寧な説明をされていて本当に美術館そのものですね。
一度に見れないほど膨大な量に圧倒されつつも感動しています。
ちょくちょくお邪魔させていただいて少しずつ見させていただきたいと思います。
こんなに素適なブログがあったことを今まで知らなかったのが残念です。
もし差し障りなければ、私のブログにリンクをはらせていただけないでしょうか? よろしくお願いいたします。
2008-07-21 月 20:52:59 | URL | なな [編集]
インド、ネパール、東南アジアが生活範囲ですから、
韓国は、アジアの中では、1番遠い場所です。(笑)

韓国刺繍は、日本と同じで、中国刺繍の影響があるようですね。
ブータンの女性用の衣装は、縫い取り織りといって、織物です。
縦糸1本ずつに絡ませて、織り上げていきますから、文様の多いものは
織り上げるのに2年近くかかるものもあります。

大勢の人にアジアの染織について知ってもらいたいと思いますので、
どうぞリンクしてください。
2008-07-21 月 22:28:26 | URL | ひかるの [編集]
リンクのご承諾ありがとうございました。
仏教とともに伝わったというので、ブータンのタンカ ティケップには韓国のものと共通の構図が見られますね。
この鳥は鳳凰なのでしょうか?
2008-07-23 水 01:31:23 | URL | なな [編集]
ブータンはチベット仏教の影響を受けていますから、
鳳凰だと思います。
だから、当然中国文化の影響も受けています。

ブータンの人は、やはり、手先が器用なのですね。
ブータン刺繍というものもあるようです。

http://www.geocities.jp/nekokinoko/embroidery/Embroidery.htm

こんなホームページもあります。
2008-07-23 水 02:15:34 | URL | ひかるの [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。