■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ブータン キラ ノシェム(12)
ブータン キラ ノシェム(12) 1

ブータン キラ ノシェム(12) 2

ブータン キラ ノシェム(12) 3


ブータン女性用民族衣装 ノシェム 青い色の地の上に模様を織り込まれたものを
ノシェムと呼び、白地の上に模様を織り込んだものをクシュタラと呼ぶ。
化学染料がブータンに入り込んで来て、色彩鮮やかな文様と地の色との対比が、
生かされる用になると、ノシェムが織られることが多くなってきたようだ。

このノシェムは 化学染料がインドからブータンに入り始めた初期に
織られたもののようだ。
模様を織り込むためのシルク糸も光沢があり、1970年以降に使われているものとは
違っている。
1950年以前のものであれば、イギリスからの化学染料であるかもしれない。

25年前に仕事をやめ、海外に住みたいと思った時に、ブータンはどうかと
考えたこともあった。
いろいろなところに問い合わせてみると、ブータン滞在には1日200ドル以上が
必要だとわかり、諦め、結局ネパールということになった。
ブータンには行けなかったけれど、今でもブータンの布とかかわりを持っているのは
何か縁があるのだろう。

ネパールも同じように25年経った今も主な生活場所の一つだ。
3年の滞在の予定が、どんどん延びて、第2の故郷のような存在になっている。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ

日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ


ブータンの布 キラ ノシェム | 21:13:07 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。