■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ教育事情 校舎崩壊の危機に怯える公立学校-2
校舎崩壊の危機に怯える公立学校-2 1

校舎崩壊の危機に怯える公立学校-2 2

校舎崩壊の危機に怯える公立学校-2 3


 翌日、早速、雨の中、傘をさしながら、学校に行ってみる。
 小さな門をくぐり、中に入ってみると、広い中庭(学校の校庭としては狭い)になっており、
 四方を建物が取り囲んでいる。
 今日は、ネパールの大きなお祭りインドラ・ザットラのため休日になっており、
 生徒たちの姿は、見えない。
 後ろ側にある建物の窓の中に、学校の先生らしき人がいたので、
 校長は、いるかと尋ねてみると、いると言う。
 上に上がってくるようにと言うので、木製の古い階段を登っていくと、
 校長室に3人の人間がいる。
 いぶかしそうに、私を見つめ、一体何の用事で来たのだろうと怪訝そうである。
 いつもそうであるが、日本人には見られないのだ。
 自分は、日本人で、ネパールの公立学校について知りたくて来たと言うと、
 一斉に彼らの緊張がほぐれ、笑みが浮かぶ。
 この学校について、色々質問をしてみる。わかったことを羅列すると、

  学校の名前   プロガディ・シスチャック・サタナ中学校

  生徒数     四百人

  学年      幼稚園から10年生まで

  授業料     第1学年から第5学年までは、授業料はただ、教科書代もただであ
           が、英語、英語で書かれた数学のサイドテキストは、実費
           第6学年から10学年は、授業料は、平均して年額2千ルピー、
           教科書は、実費購入。
       

  問題点     校舎の老朽化

  教師の給料   小学校教師の給料 月6千ルピーから7千ルピー
            中学校教師の給料 月 1万1千ルピー


 こんなことを聞いたのであるが、この学校に来る生徒の6割は、ネパール人の家で
 下働きをしている子供、レストランや商店で働いている子供であると言う。
 民族的に言えば、タマン族、タライのタルー族などが多く、
 親が子供の教育に無関心な民族が多い。
 他には、村から出てきたバウン、チェット族などもいる。カトマンズの昔からの住民、
 ネワール族も子供は少ないということである。
 働いている子供が多いせいか、15,6歳で5年生ということもある。
 又、働きながらの勉学であるせいか、途中でやめていく子供も多いようだ。
 この学校では、働きながら勉学に励む貧しい子供たちのために、奨学金を、工面して集め、
 2百人の生徒が、奨学金の恩恵を受けているそうだ。
 ネパール政府の援助など無いに等しく、出しているのは、教師の給料のみで、
 学校の整備保全は、寄付に頼っている有様だ。

 建物の外を眺め、どうして この建物を壊すのか、疑問に思ってやってきたのであるが、
 建物の内部を見ると、確かにひどい状態なのである。
 木製の天井も、ペンキが剥げ、雨漏り、壁の崩れと、子供たちの安全も保障されない
 ひどい有様なのである。
 ひとたび、地震でも起きれば、どうなるかわからないような建物の内部である。
 ネパールでは、70年前にも大地震が起きており、その時は、多大の被害があったということだ。
 その時の地震に耐えて、この建物、今もその姿を見せているのであるが、
 次の地震(ここ何年かの内にという噂もある)の時は、どうなることやら、
 予測も出来ない状況だ。

 日本からの援助の話も嘘(ネパール人の噂話には確認が必要だ)で、
 学校の補修のための援助を探していると言うのが、事実であった。

 カトマンズでは 90パーセントの子供が、施設のよい私立学校に通っているにもかかわらず、
 この学校には、建物の危険におびえながら、苦しい環境の中で学ぶ子供もいるのである。
 貧しい子供のもとには、援助の手は届かず、金のある者には豊かな教育が保障されている、
 ここに今のネパールの不平等が、現れているのである。
 ネパール政府にとって、自国民の教育など、どうでもいいのである。
 愛されない国民が、国を愛するはずがないのは、当然のことだ。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ

日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ




ネパールの教育 | 10:15:28 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。