■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ 生き抜く人々‐10 カトマンズの警察官
カトマンズの警察官 1

カトマンズの警察官 2

カトマンズの警察官 3

カトマンズの警察官 4


 前国王一家の王宮での暗殺以来、カトマンズ市内の警察官も随分変わってしまった。
 ツーリストポリス、カトマンズ市の警察官、交通警察官、そして治安警察官、
 治安警察官というのはそれ暗殺事件前にはなかったように思う。
 話によると、上層部の指揮官は 国軍の上官であるらしい。
 マオイスト対策として導入されたもので、彼らは武器を持って街を巡回している。

 私がネパールに初めてやってきたのは25年前、それから王宮での暗殺事件までは
 警察官ものんびりしたもので、身につけているものは警棒とククリ刀ぐらいのもので
 威圧感はなかった。
 1990年初めの民主化、民衆が政党政治を求めた時には少なからず緊張したようだが、
 その後は平穏な状態に戻った。

 警察官といっても、市内の各所にいる警察官のほとんどは 下級警察官で山の村では
 食べることが出来ないので、警察官になったという人たちだった。
 村の話など訊くと、相好を崩し、山の民の純朴さが感じられたものだ。
 山の民がたまたま、警察の制服を身につけているといった様子で、警察官を見ても、
 威圧感は感じなかったし、怖いという感じはなかった。
 むしろ、そんなネパールの警察官を見慣れていたものだから、タイのバンコクの警察官を
 見ると、拳銃で武装しているし、威圧感を見せようとしているし、怖さを感じたものだ。
 それと同様のものを、ネパールの治安警察間にも感じる。
 野戦用めいた迷彩服をまとい、ライフルを持って街の中を徘徊しているのを見ると、
 いい気持ちはしない。
 人間、銃器を持つことで、人柄まで変えてしまうようだ。

 カトマンズの急激な人口の増加は、犯罪の増加にもつながっている。
 空き巣、強盗の話題に事欠かなくなってしまったカトマンズだ。
 インドのギャング組織も入り込んでいるから、昔と違って、銃なども持っている。
 警察官も警棒とククリ刀では 仕事にならないだろう。
 しかし、何かあっても、警察が市民を護ってくれるなどと、カトマンズ市民は期待していない。
 自分の身は自分で護る、災難に遭わぬように自ら、注意するより仕方ない。

 15年ほど前までは、真夜中12時過ぎても、危険な感じはしなかったカトマンズだったが、
 今は、午後9時過ぎると、繁華街以外は、何が起こっても不思議ではない。
 その上、停電ときたら、危険極まりない。
 路地の奥にでも住んでいたら、帰りの道で 暗闇からナイフが突き出され、
 お金を要求されるというのも有りがちなことだ。
 街の中心以外は警察官もまばらであるから、警察には期待できない。

 カトマンズの外国人旅行者のたまり場であるタメル地区、
 ここには カトマンズの不良集団がいる。
 夜の停電時など、メインストリート以外は、赤信号だ。
 政府などあっても無きに等しいカトマンズ、真剣に旅行者のことなど、考えてもいない。
 外国人旅行者の安全など考えているようには 到底思われない。
 売春を目的のバーやマッサージパーラーは摘発しているが、金稼ぎのためで、
 罰金を手にすると、釈放し、捕まったものも翌日から、営業を開始する。

 この前、旧王宮広場の野菜売り場近くで二人の警察官に出会った。
 カトマンズの昔ながらの雰囲気を持つ二人の警察官である。ツーリストポリスと
 カトマンズ警察官だから、銃など身につけていない。
 マガール族の警察官である。西ネパールのネパールガンジ辺りが故郷だ。
 給与は、月5千5百ルピー(約8千円)、食料、制服、宿舎は支給してくれるという。
 警察官になって10年以上に、子供はそれぞれ二人いる。教育費が大変だと頭を抱えている。
 家族四人で5千5百ルピーは 確かに今のカトマンズではきつい。
 何か危険な問題に巻き込まれれば、逃げ出してしまいたいぐらいの給与である。
 それでもこの二人には、私が困れば助けてもらえるという安心感はあった。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ

日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ



カトマンズ 生き抜く人々 | 13:55:41 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。