■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ 久しぶりにキルティプールへ‐2 休日のひと時
休日のひと時

休日のひと時 2

休日のひと時 3

休日のひと時 4

休日のひと時 5

休日のひと時 6

休日のひと時 7

休日のひと時 8


 キルティプール旧市街に入る門を潜ると、ネワール族の一時代前の日常が始まる。
 喧騒のカトマンズからやって来ると、心休まる瞬間だ。
 迷路のように入組んだ路地に入り込んでみると、至る所に古い宗教的遺産が静かに
 佇んでいる。
 こうした遺跡の周りはきれいに清掃され、人々の心の中で宗教が 
 まだ生き生きと生き続けていることがわかる。

 今日は土曜日の休日、キルティプールの人々は それぞれに自らの時間を過ごしている。
 女たちは休日にもかかわらず、こまごまとした仕事に明け暮れている。
 男たちはといえば、パッティと呼ばれる寄合い所で、賭け事にふけっているのは 
 いつものことである。
 ネワール社会は男にとっては天国のようなところである。
 昔ながらのカトマンズの生活が、化石のように存在し、
 時の流れは、この町の中ではゆったりと流れていく。
 25年前と同じ時間の流れを 今なお留めている不思議な場所だ。
 丘の上に建つ町という特殊な条件は、大して人口増加をもたらすこともなく、
 現在に至っている。

 しかし、この町の周辺は、時代の流れの真只中にあり、急激な建築ラッシュである。
 旧市街とその外の対比がはなはだしければ、はなはだしいほど、キルティプールの
 良さは際立ってくる。

 まだ充分に観光化されていないこの町には カトマンズ、パタン、バクタプールと違って 
 ぎすぎすしたところもなく、無理に自分たちの町を自慢する態度もなく、
 自然に自分たちの住むところを受け入れている穏やかさもある。
 とりたてて、外国人に自慢するような豪華な王宮があるわけでもなく、
 自慢できるものといえば 当たり前の静かな日常だけである。
 ネワール族の昔ながらの平和な日常、あわただしい先進諸国からやって来た旅行者に
 とっては、これほどの贈り物はない。

 我々日本人が失ってしまった大切なものが ここには凝縮されている。
 濃厚な人間関係を持った共同体、敬虔な信仰への姿勢、貧しいながらも日々の糧に
 喜びを感じる心、当たり前に生活することがどんなに価値あることであるかが
 無意識に実践され手いる社会、それが、キルティプールにはまだ残っている。

 発展、所得倍増、モダンライフと謳い続けてきた日本は、人々の生活に何を もたらした
 のだろう。
 つつましく美しい日本人の生活はどこに行ったのだろう。
 今の日本に自慢すべきものが経済発展だけであるとすれば、こんな悲しいことはない。
 おかしいことに気がつかないままに、どうして味気ない日本になってしまったのか 
 わからないままに突き進んでいく日本、無感動、無批判、諦め、とんでもない罠に
 嵌っているような気がしてならない。
 あと2,30年もすれば、その悲惨な結果がはっきりしてくるだろう。
 今だって、凶悪な犯罪という形で、その姿を現し始めている。


++ ブログランキングに参加しています。ご協力を! ++

      忘れないで
        ↓
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ

**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ


ネパール キルティプール | 13:51:54 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。