■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ ネワール族 仏教徒の悲哀‐2
ネワール族 仏教徒の悲哀‐2 1

ネワール族 仏教徒の悲哀‐2 2

ネワール族 仏教徒の悲哀‐2 3

ネワール族 仏教徒の悲哀‐2 4

ネワール族 仏教徒の悲哀‐2 5

ネワール族 仏教徒の悲哀‐2 6


 マッラ王国のジャスティス王による64の職業カースト、そしてヒンズー教の4つのカーストの
 区分けによって、ネパールの仏教徒たちの社会はどのように変貌していったのだろうか。

 この時代にもインド、カトマンズ周辺から、やって来たインドの高カーストの人々との通婚を
 通して、支配階級である王族マッラを中心とした支配階級のシュレスタ・カーストの中も、
 細分化されていく。
 このシュレスタという支配階級に属するもの同士の結婚は許されたのである。

 マッラを頂点に、プラダン、ジョイシ、ラーズバンラーリ、アマチョ、マスケ、
 バディア、カルマチャーレ等のカーストが生まれ、彼らはヒンズー教徒であり、
 彼らの祭儀は インド系のヒンズー・カーストのブラーマンが行う。
 そのために、ヒンズー教のブラーマンのカースト、ラーズパディアというカーストも
 生まれた。
 支配階級の安定を図るために、インドの高カーストの人々を受け入れ、通婚を通して
 シュレスタ・カーストの人口増加も図っていったのである。

 一方、カトマンズに住んでいた多くの仏教徒たちは、四つのカーストに振り分けられていった。
 本来、平等であった社会にカースト制という固定的な身分制度が入り込んできたために
 仏教徒社会は仏陀の説いた教えとは、異なった社会へと変貌していくのである。

 仏教徒の高カーストとして、サッキャ、バジャチャーレ、その下にはサッキャから
 派生したトゥラダー、タムラカール、シルッパカール、スタビ、ラーズカルニカール、
 シッラカールなどの職業カーストの人々の集団、ウダースと呼ばれるカースト集団が
 形成されていった。
 経済的には優位に立っていたサッキャ・カーストに血のつながりを持つウダースという
 職業集団は、他の職業集団より、上に位置づけられたのだ。

 そして、その下には 人口の大半を占めるジャプーと呼ばれる農民カーストが
 形成されたが、マッラ王朝時代には 自作農というより、上位カーストの持つ農地の
 小作農という地位に甘んじていたのではと思える。

 さらに 又その下に、サッキャとは血のつながりを持たない職業集団が形成されていったので
 ある。
 その集団には ランジットカール(染め、ブロックプリントを行う)
 チットラカール(タンカ、看板などの絵を描く)、マナンダール(食用油の製造)、
 タンドゥカール(米の生産)、ナッカルミ(鉄製品の製造)などのカーストの人々が
 属した。

 更に最も低カーストの集団ダリットに サヒ(食肉を扱う)、ポーレ(魚を取る)、
 チャミ(掃除人)などが属した。

 こうした身分制度を作り、固定していけば、国の統治は容易になるのである。
 職業集団を固定し、各集団同士の交流を禁止することで、民衆を分断していくには
 効果的な方法だ。
 封建的な国家では、こうした方法、社会システムが どこでも取られてきたのである。
 インド、江戸時代の日本でも同様のシステムがとられてきたが、日本においては
 かなり流動的であったが、インド、ネパールでは このカースト制度は絶対的なもの
 であった。

 このマッラ王朝時代に作られたカースト制度が、今なおネワール族の社会の中で、
 途絶えることなく、生き続けていることを考えると、まことに怖いことである。
 それを強化し、支えるシステムも細部にわたり、作られていったのだ。
 その制度をグッティという。
 このグッティという制度、全く複雑怪奇なシステムで、外国人である私にとっては、
 理解するのに苦労を要するものだった。。
 そのことは次回に説明しようと思う。


++ ブログランキングに参加しています。ご協力を! ++

      忘れないで
        ↓
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ

**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ



カトマンズ ネワールの街と文化 | 21:48:17 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。