■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ネパールにあるハンディクラフト‐5 タンカ
タンカ 1

タンカ 2

タンカ 3

タンカ 4

タンカ 5


 ネパールの名高い工芸には タンカがある。
 チベット密教を信仰する仏教徒 タマン族の描くチベット・タンカとネワール族の
 チットラカール・カーストの描くネワール・タンカと2種類ある。

 この二つ どう違うかとは はっきりしたことは言えないが、タマン族の描くチベット・
 タンカは 徒弟制の下に描かれる。弟子を取り、タンカを描くのに必要な描画技法を
 身につけさせると、その技術の習得度に合わせて、タンカの各細部を描く仕事を与え、
 師匠が最後に顔を書き入れるという分業で成り立っている。
 だから、芸術というより工芸といった方が良いだろう。
 使う色彩、色合いの変化はあっても、基本的な図柄は伝統的なものに頼っている。

 ネワール・タンカの場合は、一人の人間が一枚のタンカを 最後まで描き上げる場合が
 多く、タンカの図柄も個人の創意工夫が生かされる要素が多い。
 チベット・タンカに比べると リアリズムが入り込むことも多く、描かれている顔の
 表情などを見ると、イラストのような感じを受けることもある。
 ネワール族の人の話によれば、タンカはもともとネワール族が始め、それがチベットに
 伝わり、チベット密教を信仰するタマン族が チベットから伝わってきたチベット・
 タンカを描くようになったと言うが、定かではない。

 チベット、ネパールの山岳地方のチベット密教の修行寺では、チベット密教の僧侶が
 チベット・タンカを描くこともあるようだ。
 タンカといっても曼荼羅を描くことが多いようだ。

 旅行者の集まるタメル地区に行くといたるところにタンカの店がある。
 こんなにたくさんの店があって大丈夫なのか、高い店賃を払って、やっていけるのだろうかと
 心配になる。
 もう限界点に達しているのではないかとも思えてくる。
 土産物としては案外高価だし、買って帰っても どこにでもおけるという代物ではない。
 宗教的な意味合いを持つものは、扱いがなかなか難しいのである。

 そこで私が提案したいのは、タマン族のチベット・タンカ絵師の熟練した描画技法を
 他の工芸に生かせないかということである。

 日本には昔から、漆塗りの優れた工芸がある。ネパールには木工の技術もある。
 日本の漆を禿山になったカトマンズ周辺の山々に植樹し、漆を取り出し、木工製品に
 漆塗りを施す。
 絵師は あぶれたチベット・タンカの絵師を使う。
 何か面白い工芸が生まれると思うが、どうだろう。
 ネパール人の持っている伝統的な技術をうまく組み合わせる。
 それに日本の伝統的な工芸の技法と組み合わせる、そういった援助の方法もあるのではと思う。
 ネパールの工芸の伝統と日本の工芸の伝統がうまく融合すれば、魅力的なものが
 生まれてくると思う。
 村起こしにも繋がるし、ネパールの工芸の発展につながり、新たな雇用の機会にも
 繋がっていくだろう。
 
 タンカの描画技法は 繊細で熟練を必要とするものだ。タマン族の人たちはその手を持っている。
 安っぽいいい加減な土産物品ばかりのカトマンズ、質の高い工芸品が新たに出来上がることを
 期待している。
 日本の海外援助ももう少し、きめ細かくあってほしいものだ。


++ ブログランキングに参加しています。ご協力を! ++

      忘れないで
        ↓
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ

**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ



ネパールにあるハンディクラフト | 22:56:50 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。