■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ バソンタプール 旧王宮広場にて
バソンタプール 旧王宮広場にて 1

バソンタプール 旧王宮広場にて 2

バソンタプール 旧王宮広場にて 3

バソンタプール 旧王宮広場にて 4

バソンタプール 旧王宮広場にて 5

バソンタプール 旧王宮広場にて 7


 ついこの前のことだが、マオイストに殺害されたというシュレスタ氏の真相解明を
 求めてのバンダ(ゼネスト)の日だったので、カトマンズへ行くことは中止していたが、
 この日は、日本円の交換レートも良さそうなので、少しばかり両替をしておこうと思い、
 ニューロードのビシャル・バザールの建物に隣接したヒマラヤン・バンクへ出かける
 ことにした。

 雲行きは 少し怪しかったけれど、まあ大丈夫だろうと思い、乗り合いミニバスに乗り、
 ネパール航空本社まで乗っていった。
 この航空会社、国際便に使用できる飛行機1機とは、あまりに情けない国立の航空会社である。
 24,5年前には 4,5機は所有していたはずである。
 その頃に比べると、外国人ツーリストも何倍にも増えているはずだし、出稼ぎのネパール人も
 多くなっているにもかかわらず、この有様だ。
 そんなネパール航空の本社ビルを眺めながら、ニュウーロード・ゲートを潜り、ニューロードへと
 向かった。

 ヒマラヤン・バンクで日本円の現金を両替すると、1万円で6610ルピーの交換レートだった。
 3日前が6500ルピーだったから、交換レートはよくなっている。
 少し、気分もいい。

 その足で旧王宮広場へと向かった。広場へと歩いていると、昔からの顔見知りの笛を
 売り歩くインド人が 声をかけてきた。
 インドのビハール州からの出稼ぎである。もう知り合ってから、何年になるだろう。
 15年以上にはなるだろう。4,5日前にカトマンズにやってきたと言う。
 私のほうは随分老けてしまったのに、彼のほうは 結構若々しいままだ。
 こんな昔からの知り合いが、この広場には結構いる。

 バソンタプールの広場の一角に昔からの知り合いがいたので、当時 旅行会社を
 経営していた彼の小さな旅行会社で、暇つぶしをしたものだが、その彼も 別の場所に
 引越ししてしまった。王家のサハ家につながる人物だった。
 そのことから、この近辺では みんなから、ラザ(王)と呼ばれていた。
 もう彼も65歳を越えているはずである。彼の住んでいた家は、貸家になっている。

 そんな懐かしい思いに浸りながら、広場全体を見渡してみる。
 広場の入り口付近には、240年前、ゴルカからカトマンズに兵を引き連れ、
 カトマンズのマッラ王国を征服したプリティビ・ナラヤン・サハ王の建てた
 ネワール族の建築様式の王宮が聳えている。
 この王宮には、ネワール文化に憧れたゴルカの地方豪族であったプリティビ・ナラヤン・サハの
 気持ちがよく現れている。
 ゴルカの片田舎に住んでいたプリティビ・ナラヤンからすれば、カトマンズは
 大都会のように映っただろう。
 ゴルカ王朝創設からラナ家の独裁政治に至るまでの建物は ネワール建築様式で建てられて
 いるものが多い。
 ツリプレソールにあるサハ家の三代目国王 ラナバハドール・サハ王を偲んで、
 その后によって建てられたツリプレソール・マハデヴィ寺院もネワール族の建築様式である。

 その横に建つ白亜のヨーロッパ様式の建物は、ラナ家独裁の時代に、シェムシェル・
 ラナによって、イギリス人建築家と技師を呼んで建てられたものだ。
 給料は、金を秤にかけて支払われたという。
 この時代から、ネワール族の建築、工芸文化は衰退していくのである。
 ここを初めとして、ラナ家のマハラジャ宮殿 シンハ・ダルバール、サンカール宮殿、
 現王宮のナラヤンティが矢継ぎ早に、ヨーロッパ建築様式で建てられていくことになる。

 近代ヨーロッパに憧れ、伝統文化を蔑ろにする風潮は、この時期から始まったのだ。
 マッラ王朝時代に建てられた寺院、遺跡は、傷むままに放置されてきたのである。
 全くの成金主義の塊のような時代だったのである。
 インドからやって来た田舎者のラナ家が出来ることといえば、圧政と成金趣味だけの
 建造物だったのである。
 なんとつまらない味わいのない白亜の建造物だろう。
 やたら権力を振りかざしたラナ家の象徴的な建物である。
 周りとの調和などどこにも感じられない悪趣味以外の何ものでもない。


++ ブログランキングに参加しています。ご協力を! ++

      忘れないで
        ↓
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ

**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ



カトマンズ 街の風景 | 19:07:55 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。