■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ 石の彫刻 仏塔‐1
石の彫刻 仏塔‐1 1

石の彫刻 仏塔‐1 2

石の彫刻 仏塔‐1 3

石の彫刻 仏塔‐1 4

石の彫刻 仏塔‐1 5

石の彫刻 仏塔‐1 6

石の彫刻 仏塔‐1 7

石の彫刻 仏塔‐1 8

石の彫刻 仏塔‐1 9

石の彫刻 仏塔‐1 10

石の彫刻 仏塔‐1 11

石の彫刻 仏塔‐1 12


 パタンの旧市街を歩いていると、石を刻んだ彫刻の店に出会った。
 中を覗きこんでみると、一人の男が、石に彫刻を施している。その脇には彼の妻らしい
 女がいて、彼の仕事を手伝っている。
 彼は、ネワール族の職人カースト シラッカールに属する人である。
 
 ネワール族のカーストには、ネワール語でウリャ、ネパール語でウダースと呼ばれる
 仏教徒のカーストがある。彼らは、同じ仏教徒のバジャチャーレ、サッキャの下に
 位置するカーストだ。
 このグループの中には、トゥラダー(チベット・ネパール貿易に従事した人々で、
 サッキャとチベット人との通婚によって出来たカーストであると言われている)、
 タムラカール(銅、真鋳の器と作る)、シルッパカール(木彫り職人)スタビー(宮大工)、
 ダーズカニカール(お菓子、ロティと作る)等がいる。
 
 ネパールにヒンズー教が広まるに従って、仏教徒の中にもカーストが生まれていったのである。
 ヒンズー教を信仰するときの支配者に従順の姿勢を見せる方策であったのかもしれない。
 それはカーストを否定し、人間の平等を説いた仏陀の教えとは矛盾するものであったが。

 カトマンズ、パタン、バクタプールの街には、仏教を信仰する人々の住む地域には
 仏陀の像を刻んだ仏塔がたくさんある。
 シラッカールと呼ばれる職人たちの彫った彫刻である。
 中には千年を越えた仏塔もあるはずだ。シラッカールという職人たちの歴史が仏塔には
 刻まれているはずだ。

 そんな仏塔を探して、街の中を歩き回ることは、楽しく興味深いものである。
 しかしこうした仏塔のほとんどは、トンネルのような門を潜った広場に置かれていて、
 観光客の目に留まらないことが多い。
 その広場も1つの家系の一族の住んでいる場所で、その広場の周りに住居が建てられている。
 その広場の中に置かれている仏塔は一族集団の個人的な所有物である。
 その一族集団のことをグッティと呼んでいる。
 バジャチャーレやサキャの人たちは、そのグティの広場にビハールと呼ばれる仏教の
 礼拝所を作り、その周りに石造りの仏塔を置いている。
 その場所はグッティのメンバーの仏教信仰の中心的な役割を果たしている。
 バルタマンと呼ばれる少年たちの通過儀礼もこの広場で行われ、少年たちもその儀礼を通して、
 宗教組織の1員になる。

 そんな場所の広場に長年にわたって住み続けてきた人々の歴史を優しく見つめてきたのが 
 仏塔たちである。

 長い年月を経た石造りの仏塔は、時間と風雨にさらされながらも、遠い昔にこれを
 刻んだシラッカールたちの信仰心が、今なお生き生きと息づいているが感じられる。
 その石の彫刻の技量も素晴らしいのである。
 ついつい その石の彫刻を 撫でたくなってしまういとおしさが感じられる。

 木の彫刻、石の彫刻を抜きにしては、ネワール族の宗教文化を語ることが出来ない
 くらいに、これらの彫刻は、ネワール族の信仰生活の中に根付いてきたものだ。
 それは、セレモニー仏教に成り下がってしまった日本の仏教とは 明らかに異なる
 信仰の姿である。
 ここにもネワール族の豊かな精神生活が伺われるのである。

 カトマンズでもお金、物に心を奪われるような時勢になってきたが、何かそれに歯止めを
 かける精神文化もあるように思う。
 
 日本の文化もなんと薄っぺらな軽薄文化になってしまったのだろう。
 あまりの軽佻浮薄さには あきれて物が言えないくらいだ。
 精神的なバランスを失った日本では、凶悪な犯罪、悪質な詐欺が日常茶飯事になっている。
 身体のことばかりにかまけているうちに 心の在処をすっかり失ってしまった日本、
 日本人の心は 死にかけていることにも気づいていない。
 なんと寒々しい心の風景を持つ日本の社会なのだろう。
 
 広場に置かれている仏塔を眺めるゆとりのある生活があれば、
 少しは変わっていたかもしれない。


++ ブログランキングに参加しています。ご協力を! ++

      忘れないで
        ↓
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ

**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ



カトマンズ 街の風景 | 15:51:13 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。