■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ネパールにあるハンディクラフト‐1 洋服
ネパールにあるハンディクラフト‐01 1

ネパールにあるハンディクラフト‐01 2

ネパールにあるハンディクラフト‐01 3

ネパールにあるハンディクラフト‐01 4

ネパールにあるハンディクラフト‐01 5

ネパールにあるハンディクラフト‐01 6

ネパールにあるハンディクラフト‐01 7


 カトマンズの街の中を歩いていると、至るところに外国人旅行者のための洋服屋がある。
 ネパールでは、タイなどとは違って、取り立てて目を惹くような民族服はない。
 多くの民族が混在しているネパールであるが、手の込んだ刺繍、織物を見つけることは
 難しい。
 洋服のための布素材の大半は、インドからの輸入品だし、あとは 中国からのものである。
 ネパールでの手織り布はあるが、縞模様のもの、縦糸に工業糸、横糸に太目の紬糸を
 使ったヘビーコットンと呼ばれる布が 洋服作りに使われる程度だ。

 洋服のデザインといえば、日本の業者が持ち込んだものやヨーロッパの業者が
 持ち込んだものが多い。
 オーダーされたものをこなすと、店頭に並ぶ。
 そうすると、それを真似た商品が各店に並ぶ。
 だから、どの店も同じようなものが並ぶことになる。
 布素材もデザインもほとんど同じものだ。

 今 流行っているのは、ピエロルックのもので、継ぎはぎタイプのものが、
 どこでも並んでいる。
 どう見ても若者向けで、年配の人など着れたものではない。
 地元に住むネパール人など見向きもせず、彼らはバンコク製、中国製の当たり前の洋服を好む。
 だから、タメルあたりの土産物屋の洋服を着ているのは旅行者ぐらいのもので、異様に
 目立つ結果になる。

 私も一時 洋服作りに手を出したことがある。
 ネパールの布素材にはあまり惹かれなかったので、インド、それもインドのアッサム地方で
 織られている手紬の天然シルク、インド ビハール州とベンガル州との境の村で織られている
 天然シルク、ブータンの天然シルク布を使って、少し高級感のある洋服作りを目指したが、
 日本人の求める縫製技術をネパール人に要求するのは至難の技だった。
 10年ぐらいは頑張ったが、良い縫い子を見つけることが出来ず、挫折してしまった。
 私がネパールにいる間は、それなりにチェックできるが、いない間はいい加減なものを
 つくる。
 こちら側のフラストレーションが どんどんハイになっていくのである。

 ネパールにやってきた若者たちが楽しむ洋服は、変っていればそれでいいのかもしれない。
 奇抜なデザインが可愛く映るらしい。
 それを着て、カトマンズを歩いている日本の若者の姿を見ても、浮き足立っているようで、
 どうも頂けない。
 下手をすると、軽薄にすら見えて、ネパールの旅行者相手の不良どもの餌食にも
 なりかねない。

 ネパールにやってきてもある程度節度ある服装も必要だし、その程度によって、
 出会う人間も違ってくるというのが、東南アジア、インド、ネパールの一般的な姿である。

 しかし、この頃は、あえて、ネパールの若者を求めてやってきている日本の若者も
 いるようだから、何ともいえないが、不幸な結果にならないことを望むだけである。

++ ブログランキングに参加しています。ご協力を! ++

      忘れないで
        ↓
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ

**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ



ネパールにあるハンディクラフト | 23:15:11 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。