■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ネパールから たまには美味しいものを
たまには美味しいものを 1

たまには美味しいものを 4

たまには美味しいものを 2

たまには美味しいものを 3


 たまには美味しいものを作って、気分転換。
 と言っても 残り物を使っての料理だから、たいした物を作るわけではない。
 
 この間、アッサン広場の近くの乾物屋で、インドからの小さな干し魚を買った。
 200gで60ルピー、カルシウムを取るにはよいかと思ったからだ。200gの小魚の
 干物など早々減るものではない。
 そこで再びアッサン広場に行き、露天で売られている乾燥した山椒の実を買うことに
 した。
 小魚の佃煮を作ってみようかと思ったからだ。
 醤油と砂糖で山椒と小魚を ぐつぐつと煮詰めていくと、佃煮に近いものが出来上がった。
 日本酒を入れれば、美味しくなると思ったがそんな贅沢は出来ない。
 これがあれば、不思議に食も進むから、重宝だ。

 それともう一品は、ナス辛子味噌炒め、油で揚げたナスに 多量の大蒜で炒めた細かく
 切った砂肝に中国製の辛子味噌、オイスターソース、少量の砂糖、醤油を加えて炒めたものだ。
 時間がかからず、結構美味しい。
 ネパールにはナスの種類が多く、いろいろの料理が楽しめる。

 こんな簡単な料理でも、少し真面目にやると、人間らしい気持ちになる。
 かぼちゃの新芽を買ってきて、茎の外側の皮を剥いて、炒めてもおいしい。
 バンコクでも中国系の人が、かぼちゃの新芽を炒めるのを見かけたことがある。

 この頃は砂肝を使って料理をすることが多い。砂肝も鶏肉も1kg 190ルピー
 安いところで185ルピー、鶏肉を買うと、骨付きであるから、肉そのものの量は
 少なくなる。砂肝だと、すべてが使えるし、肉部分と骨部分を分ける手間も要らない。
 炒め物に使うのなら、砂肝の方が美味しいくらいだ。雑炊や粥を作っても、砂肝の方が、
 いいだしが出る。
 安くて美味しいものを作る私の方針には合っている。

 山椒の実と小魚の干物で作った佃煮を いつも行くバウン族の店主に持っていったら、
 おせいじなのか、美味しいと言っていた。

 異国で生活する楽しみの一つは、その国にあるものを使って料理することだ。
 味付けは、自分風に合わせるが、どう料理したら、美味しく食べることが出来るかと
 工夫すれば、脳みその訓練にはなる。

 料理に向かうことで、荒れてしまいがちな外国生活に歯止めをかけているところもある。
 心の健康、体の健康のためには 大いに役立っている。


  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


ネパールの食べ物 | 12:27:59 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。