■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ネパール カトマンズのイミグレーション・オフィス
カトマンズのイミグレーション・オフィス 1

カトマンズのイミグレーション・オフィス 2

カトマンズのイミグレーション・オフィス 3

カトマンズのイミグレーション・オフィス 4

カトマンズのイミグレーション・オフィス 5


 今年 初入国の際の2ヶ月のビザが、あと何日かで切れることから、オールド・
 バスパークからマイティガールに引っ越したというイミグレーション・オフィスの
 場所を確かめるために 散歩がてらに出かけてみた。

 25年前にネパールにやってきた当時、イミグレーション・オフィスは デリー・
 バザールの先、マイティ・デイビーにあった。その頃のイミグレーション・オフィスの
 管轄は、警察だった。
 そのイミグレーション・オフィスが タメル地区に移ったときに、管轄が 警察から
 一般公務員の仕事に代わった。その頃から、イミグレーション・オフィスの係官は
 チェットリ族からバウン族の仕事へと代わっていった。

 何年かタメル地区にあったイミグレーション・オフィスは、バスも通らない不便な
 ナヤバネソールに移った。あまりに不便な場所なので旅行者の間では、不評だった。
 そして、そのあと、オールド・バスパークの近くに、そして現在の場所 マイティガールになった。
 この25年間のうちに4回 引越しをしたことになる。そのたびに外国人旅行者に
 不便を与えてきた。
 この国の観光行政の姿を象徴しているようだ。全く見通しがないのである。

 マイティガールは、家から歩いて15分のところにあり、よく来る場所なのですぐに
 見つかるだろうと思っていたが、なかなか見えにくい路地にあり、路地の手前にも
 何の表示もない。
 ネパールらしい政府の対応だ。サービス精神がかけらも感じられない。
 マイティガールの交差点の真ん中には、広場があり、ドゥンゲ・曼荼羅と呼ばれており、
 広場の中心に曼荼羅は描かれている。
 以前この場所には私が良く利用したナマステ・トラベルというカーゴオフィスがあったが、
 その建物を壊したあとに出来た広場である。

 広場のそばにある雑貨屋でイミグレーション・オフィスの場所を訊くと、親切に教えてくれた。
 反対側にあるネパール軍の兵隊さんに訊いても知らなかった。

 カトマンズから来るなら、ラットナパークのミニバス乗り場からザウラケル・ラガニケル行きの
 ミニバスに乗り、マイティガールで下りれば近い。
 ナヤバネソール行きのミニバスに乗り、同じようにマイティガールで下りればよい。
 安上がりの方法である。

 ミニバスを下りて、近くの雑貨屋などでその路地の場所を訊くと、路地の奥に
 4階建てのベージュ色の建物は見える。政府系の建物特有のレンガ造りではないが、
 路地さえわかれば、すぐに見分けがつく。
 その建物の2階が、ビザセクションだ。
 この頃では、受付時間の違いはあるが、年中無休になったようだ。

 暇つぶしにビザセクションの係官の名前を読んでいくと、ほとんどがバウン族の人たちだった。
 税務関係といい、ビザ関係といい、賄賂の横行するところにはバウン族が 
 ほとんどの場所を占めている、ちょっと異常である。
 一般旅行者は気がつかないだろうけれど。


  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


カトマンズ 街の風景 | 13:04:19 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。