■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ 庶民の足‐3 乗り合いミニバスと乗り合いテンプー
庶民の足‐3 乗り合いミニバスと乗り合いテンプー 1

庶民の足‐3 乗り合いミニバスと乗り合いテンプー 2

庶民の足‐3 乗り合いミニバスと乗り合いテンプー 3

庶民の足‐3 乗り合いミニバスと乗り合いテンプー 4

庶民の足‐3 乗り合いミニバスと乗り合いテンプー 5


 旅行者にとってなかなか利用しにくいのが、トヨタハイエースを改造した乗り合い
 ミニバスとバッテリーを利用して走る乗り合いテンプーだ。
 座るには窮屈なつくりにはなっているが、安価で便利な乗り物である。
 私は自転車を利用しない時には、もっぱらこれらの乗り物を利用する。

 カトマンズのラットナパークからだと、パタン方面行きも、日本大使館、タイ大使館
 方面のマハールガンジ行き、ボーダナート行きなどもある。
 料金はどれも10ルピー前後で、座っていくから、バスと違ってすりの心配もない。
 運行の条件が 乗客が座っていけるということにあるからだ。
 カトマンズ市内であれば、大半の行き先を網羅しており、カトマンズの観光名所で
 あれば、どこでも行くことが出来る便利な乗り物だ。
 乗り合いテンプーは スピードは出ないが、ガソリンを使わず、カトマンズの公害防止には、
 充分役に立っている。

 ちょっと困るのは、乗り合いミニバスで、一時乗り合いミニバスは儲かるということで
 猫も杓子もこのビジネスを初め、過剰気味なのである。
 増えすぎたミニバスは、昼間などは客待ちのために長蛇の列になり、交通の渋滞を
 引き起こしている。
 ネパールの人間、少し儲かるとなると誰も彼も真似をし、供給過剰になってしまう
 結果を作り出してしまう。
 早い者勝ちの世界である。
 後から始めたものは大体予想はずれで泣くことになる。
 想像力を発揮するというより、他人が儲けている姿を見て真似する人間が多い。
 ハンディクラフトの世界でも同じである。
 パシュミナ・ショールなども同じ結果を辿っている。

 ミニバスや乗り合いテンプーの乗り場といえば、ラットナパーク、ネパール航空本社前、
 キルティプール行きであれば、オールドバスパークから、あとはバラジュ行きが、
 ラニポカリの近くから出ている。
 こうした乗り物に慣れれば、タクシーなどで不愉快な思いをすることなく、
 カトマンズを楽しむことが出来る。
 よくわからなければ、帰りにテンプーなりミニバスと利用すればよい。
 大半のテンプーやミニバスはカトマンズの中心部が終点のはずである。

 近頃は乗り合いテンプーのドライバーに女性ドライバーを見かけることも多くなった。
 ネパールの男尊女卑社会も段々様変わりをしている。
 本来、怠け者のネパール男を支えてきたのはネパール女なのである。
 いざとなれば、ネパール女の方が はるかに生活力がある。
 怠け者の男に泣かされてきただけに、それだけ強さが要求される社会である。
 女がどんどん社会進出していけば、男もおちおちしておれず、怠けてばかりいることは
 出来なくなるだろう。
 だらしない政治家、官僚はみな男だ。
 ネパール女は皆、働き者である。男に甲斐性がないから、働かざるを得ない。
 ネパール再生の道は、ネパール女の社会進出にあるのかもしれない。


  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



カトマンズ 庶民の足 | 01:38:31 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。