■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ ラットナパークの午後‐3
ラットナパークの午後‐3 1

ラットナパークの午後‐3 2

ラットナパークの午後‐3 3

ラットナパークの午後‐3 4

ラットナパークの午後‐3 5

ラットナパークの午後‐3 6

ラットナパークの午後‐3 7

ラットナパークの午後‐3 8

ラットナパークの午後‐3 9


 ラットナパークを囲む道端には、様々の露天が並ぶ。
 皆、地方からカトマンズにやって来た歩とたちを当て込んだものだ。
 ここにもカトマンズの縮図のように 多様な民族からなる人間模様がある。
 私にとっては、あまり買いたいと思うようなものはないけれど、
 この商売人はバウン族、彼はチェットリ族、あそこで商いをしているのはタマン族、
 マガール族と顔を見ながら、確かめていく楽しみはある。

 露天が山ほどあって、買い手はそれほどでもないから、暇つぶしに私の相手になってくれる。
 昔であれば、服装を見れば、ネパール人か、外国人か見分けもついたらしいが、
 この頃のように中国からの輸入物を身につける時代になれば、同じモンゴリアンである
 日本人とネパール人との見分けもつかなくなっている。
 カトマンズの陽射しの中ですっかり日焼けしてしまった私の顔など 
 どう見てもグルン族の顔である。
 その上ネパール語で話しかければ、誰も日本人だと思わない。
 自分が日本人だということをはっきり言わないと、へんなことを聞いてくる奴だと
 警戒もされてしまう。
 へんな政府の回し者か、どこかの政党のものかと勘違いされてしまう。
 ここで商いをしているものたちは、何度か見回りの警察官にも嫌がらせをされている。

 ラットナパークを囲んでいる道端を歩いて、露天を覗き込んでみる。
 1番、多いのは中国からの輸入品の安物の商品だ。ラジオ、テープレコーダー、
 停電用のランプ、靴、洋服、時計、時計などはウォータープルーフを強調するために 
 たらいの水の中につけている。チェットリ族、バウン族、マガール族はこうした商いをしている。
 少し先に行くと、タマン族の堂々とした女性が、水牛肉のカレー味の煮込みを売っている。
 人気の店 らしく行き交う人たちが座り込んで食べている。
 その先にはタマン族の美人のお姉さんが、漢方薬の材料になる様々の薬草を並べている。
 タマン族の民間療法の一種なのだろう。
 占い師のバウン族のおじさん、ネパール指揮の賭け将棋に群がる人々、鶏の雛を売る人、
 見飽きない光景が続いていく。
 そしてそこにはなにやら、いかがわしい雰囲気が漂っている。
 贋物ばかりが集まっているという感じだ。それが楽しいのである。

 その奥底に流れている喜怒哀楽、人間模様、人間が生きている、生きようとしている、
 それが伝わってくる。
 ささやかな商いからチャンスがあれば、這い上がろうとする人もいれば、その日の糧を
 手に入れればそれで充分という人、何かを売らなければ食べていけないという
 切羽詰まった人たちもいる。
 売る人も、そして行き交う人もその姿・形、生き様が見えてくる世界、人間博物館だ。
 売る人もカトマンズの外からやって来た人々、買う人もそうだ。
 路上での買い物をする人たちは皆そうである。

 カトマンズに家を持ち、ゆとりある暮らしをしている人たちは、こんな場所には来ない。
 見栄を張り、大型ショッピングセンター、デパートメントストアでの買い物を好む。
 その収入に応じて、すっかり二層化してしまっているカトマンズの姿だ。
 みんなが貧しかった時代は 遠い昔のことだ。
 25年前に私が初めてネパールにやって来た頃、こんな姿はなかった。
 威張っている金持ちも、貧しさを恥じるネパール人もいなかった。
 何がこうした姿に変えてしまったのだろう。


  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**


カトマンズ 街の風景 | 00:29:39 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。