■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ アッサン・バザール詩情‐2 繁栄の名残りを見つめて
アッサン・バザール詩情‐2 隆盛の名残り 1

アッサン・バザール詩情‐2 隆盛の名残り 2

アッサン・バザール詩情‐2 隆盛の名残り 3

アッサン・バザール詩情‐2 隆盛の名残り 4

アッサン・バザール詩情‐2 隆盛の名残り 5

アッサン・バザール詩情‐2 隆盛の名残り 6

アッサン・バザール詩情‐2 隆盛の名残り 7


 アッサン・バザールといえば、カトマンズで過去において 最も繁栄したバザールだ。
 今、カトマンズの若者たちは 大型ショッピングセンターへと流行のものを求め、
 ウィンドウ・ショッピングを楽しむようになってしまったが、カトマンズ庶民、
 地方からの買い物客にとっては、やはり大切なバザールだ。
 日用品、保存食料、衣料と何でも手に入れることが出来る、いつでも人々で
 ごった返していることが それを証明している。
 カトマンズ庶民にとっては、構えることなく気さくに買い物が出来る場所だ。

 バザールとしてカトマンズで一世を風靡した名残りが その建物や店構えに見られる。
 粋を凝らした窓枠、当時はモダンだった建物、時代時代の流行が建物の様式にも
 現れている。
 あるときは儲け、あるときは損をしていたネワール商人の隆盛の姿を、一つ一つの
 建物が証明している。
 インドやチベットとの貿易が盛んだった時代に 大儲けをし、商人たちの勢いを
 誇示しているような建物も、今はすっかり古びてしまい、当時はモダンだったものも
 アッサン・バザールの薄汚れた歴史的な遺物に成り果ててしまっている。

 ネワールの商人カースト トォラザー、チベットのラサまで足を運び、カトマンズから
 衣料、食料を運び、チベットのラサからは金を持ち帰る。
 このネワール族のトォラザーというカースト、ネワールの仏教徒カーストのサッキャ・
 カーストとチベット人との混血によって出来たカーストを言われている。
 貿易のためにチベットへ行ったネワール族の商人が、チベットからチベット人の娘を
 連れ帰り、息子たちの嫁にし、生まれたその子供たちがトォラザーと呼ばれるように
 なった。
 このアッサン・バザールの大きな建物はほとんどといっていいくらいトォラザーたちの
 持ち物である。
 マッラ王朝の官吏から商人へと転進したシュレスタもいる。
 その商人たちも今は、この場所には住まず、店舗も賃貸しに変ってしまっている。
 そして、2階部分以上は、商品の倉庫に変ってしまっている。
 百年、2百年前のアッサン・バザールの隆盛を見てみたいものである。
 マッラ王朝の時代からのことであるから、数百年の歴史を持つ商人カーストである。
 しかし、その時代の建物は、74年前のカトマンズの大地震で大半は失われてしまったようだ

 25年前にカトマンズにやって来て、キルティプールに住むことになった時も、
 このアッサン・バザールで 日常品を買い求めた。
 このバザールを歩くと、絨毯屋、セーター屋の店員が、目ざとく旅行者を見つけ、
 
 ― ヘイ! ジャンパニーズ と声をかけてくる

 ヘイ!日本人とは何事かとむかつき、

 ― ヘイ!ネパーリー ケ・ホ?(何だ、ネパール人!)

 とやり返すと、変な顔をしていたものだ。

 まだスーパーマーケットといえば、キチャポカリ近くのフレッシュハウスと
 ブルーバードぐらいのものだった。
 輸入物はニューロードかビシャール・バザールで買うというのが、当時の買い物の
 姿だった。

 カトマンズを肌で感じ、カトマンズの商人たちの歴史を知ろうと思うならば、
 やはり、アッサン・バザールは ネパールの経済の生き証人としての役割を
 果たしてくれるだろう。
 ここから、ネワールの大商人も生まれ育った、商売のイロハも皆ここで学んだのだ。
 ここが ネパールの経済の原点だったことを忘れてはならない。
 そんな場所に 興味深いエッセンスが今なお存在することを知れば、このバザールが
 どんなに 面白い場所であることがわかってくるだろう。


  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


カトマンズ 街の風景 | 00:40:37 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。