■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ カトマンズの夕暮れの風景
夕暮れの風景 1

夕暮れの風景 2

夕暮れの風景 3

夕暮れの風景 4

夕暮れの風景 5

夕暮れの風景 6

夕暮れの風景 7

夕暮れの風景 8


夕暮れ時に カトマンズから家路に向かう。
ふと 後ろを振り返ってみると 昔ながらのカトマンズが 顔を出したような気がして
懐かしい気持ちになる。
ツリケルの広場にはもう人の姿はなく、その向こうには家の明かりが、つき始める。
横断歩道橋の上に佇んでみると、あわただしいはずのビンセン・タワーあたりも
忍び寄る夕闇の中で しっとりとした情趣をかもし出している。

家路に向かって、歩を進めるにしたがって、太陽はやさしく夕暮れ時の穏やかな光を
投げかけてくる。
『夕焼け小焼けで日が暮れて…』という幼い日に家路を急いだ頃の気持ちが
蘇ってくるのは どうしたことだろう。

夕闇は カトマンズの汚れを押し隠し、25年前に感じさせてくれた時間の流れを
取り戻してくれる。
こんな時に カトマンズは 昔ながらの美しさを取り戻し、再生する。

沈み行く夕陽にあわせて、ゆっくりゆっくり足を進めていく。
タパタリのラーマ寺院の向こう、バグマティ川の向こうの山間に 
夕陽は沈もうといている。
まだこんな美しい光景が 残っていたのかと、驚かせてくれる習慣だ。

バグマティ橋の上に立てば、折からの雷雨のあとで、その臭気を押し流している。
橋のたもとの路上の市場で夕食の糧を求める人々の流れ、
そして 闇は迫りつつある。
どんなに暮らしに困っていても どうにか今日一日を終えることの出来る安堵感は
すべての人の心の中にある。
そんなことを思いながら、私も家路を急ぐ。


  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ

カトマンズ 街の風景 | 14:09:37 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。