■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ 廃品を集める子供たち
生き抜く人々‐10 ゴミを集める子供たち 1

生き抜く人々‐10 ゴミを集める子供たち 2

生き抜く人々‐10 ゴミを集める子供たち 3

生き抜く人々‐10 ゴミを集める子供たち 4

生き抜く人々‐10 ゴミを集める子供たち 5

生き抜く人々‐10 ゴミを集める子供たち 6

生き抜く人々‐10 ゴミを集める子供たち 7


 カトマンズの街の中を歩いていると、大きなズタ袋をさげ、せっせと廃品拾いに
 精出している子供たちを見かけることがある。
 顔つきを見るとインド系の顔つきの子供たちである。
 インド・ネパール国境近くのインド側から親や親戚と一緒にカトマンズにやって来た
 子供たちだ。
 インドで食べることが出来ないから、カトマンズにやって来る。
 しかし、技術もパスポートもない彼らにインド大使館の援助はない。
 大体 大使館というものは 貧乏人など用はないのだ。
 ネパール人ではない彼らには教育の機会もない。
 廃品集めをする親の手伝いか、自分のためのお金を、廃品を回収して、お金に買えて
 生活している。
 彼らにとって1番の敵は犬である。大きなズタ袋を提げて、犬の前を通りかかると
 街の犬たちは必ずといっていいくらい、彼らに吼えかかる。
 周りのネパール人の彼らに対する蔑みの気持ちを知っているかのように。

 カトマンズのテク橋一帯は、カトマンズ市民のゴミの集積場所だ。
 一旦、ここに集めてカトマンズ郊外の村にあるゴミ集積所に運ぶ。
 カトマンズ市のごみ収集車は、皆ここに集まってくる。
 集まって来るのは、ゴミ収集車だけでなく、そのゴミの中から、お金になりそうな
 ペットボトル、プラスティック製品、金物を拾い集める子供たちも集まってくる。
 それを区分けしている大人たちもいれば、買い上げる業者もいる。
 だから、カトマンズでは、日本のようにゴミの区分けをする必要はない。
 リサイクル可能なものは、彼らの手によって回収される。
 そして、インドから逃げ出し、カトマンズに生活の糧を求めてやってきた最貧層の
 インド人たちの最後の砦である。

 このあたりは私の住んでいるところから、数分のところにある。
 時々の散歩コースにもなっている。
 ここには 人間のすべてを含んだ人間模様があるからだ。

 ゴミと流れ来る下水で、目も当てられないバグマティ川の岸辺には、廃品を集める
 インド人たち、スラム、寺院、火葬場、立派な住宅群と何でも揃っており、
 さながら、現世にある天国と地獄である。慈悲のない世界だ。
 仏も神もあったものではない。
 人間が生きていくことは、こうも過酷なものかと、圧倒されるばかりである。
 今日の食べ物を得るためには、大人も子供も関係なしに、お金を得る方策を
 考えざるを得ない。
 これはアジアの発展途上国なら、どこでも見られた姿だ。

 発展をしていないネパールにもこの波が押し寄せてきている。
 政治の怠慢からだ。その責任を問う国民もいなければ、真剣に地道に活動する政治家も
 いなければ、市民運動家もいない。
 皆、お金が手に入り易い場所、マスコミの話題に上り易い場所ばかりを求めている。
 貧しいものたちは、どんな形でも生きていかなくてはならない。
 誰からも見放された中でも 大人も子供も生き続けていくより方法はないのだ。

 平和ボケした日本の援助団体には、こうした最貧層の姿は見えてこない。
 現在の日本の価値観、生活観からしか、ネパールの姿は見えてこない。
 そういった日本人に係わるネパール人も、如何に日本人からお金を引き出し、
 自分のものにしていくか、そのことばかりを考えている。
 そういう日本人は、お金目的のネパール人に体よく利用されてしまう。
 利用されていることすら、見えない。
 こんな中からは、真のネパールとの友好関係、共感は生まれてはこない。
 本当に援助を必要としている人たちの下へは、援助の手は届かない。
 ネパールの実情がわからぬうちは、簡単な気持ちで援助などと、手を出さない方がよい。
 逆効果にもなりかねない。


  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



カトマンズ バグマティ川の辺にて | 12:04:29 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。