■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ 生き抜く人々-03 建設中のビルと電気
生き抜く人々‐7 建設中のビルと電気 1

生き抜く人々‐7 建設中のビルと電気 2

生き抜く人々‐7 建設中のビルと電気 3

生き抜く人々‐7 建設中のビルと電気 4

生き抜く人々‐7 建設中のビルと電気 5

生き抜く人々‐7 建設中のビルと電気 6


 カトマンズの街中を歩いていると、大型ビルディングの建設現場に良く出合う。
 ここでも山や南ネパール・タライ地方からの出稼ぎの人たちが働いているのを
 よく見かける。
 どのくらいの日当がもらえるのか訊いて見ると、単純な肉体労働で、250ルピーから
 300ルピー(約400円から500円)、技術を要する仕事であれば、400ルピー
 手にすることができるらしい。若い人たちが多い。
 身体を酷使する仕事だから、若い人たちにしか出来ない仕事だ。
 月に6千、7千ルピーくらいは稼ぐことができるだろうから、カトマンズでは、
 どうにか生活できる。
 村への仕送りはといえば、心もとないだろう。
 1500ルピーぐらいの部屋を借りて、3人ぐらいで済み、自炊をすれば、千ルピー、2千ルピーくらい は残すこともできるかもしれない。

 そうしたこととは別に、大型ビルディングの建設ラッシュは、どうしたことだ。
 今、ネパールの銀行には、お金が余っており、どんどん融資しているという。
 ショッピングセンター、スーパーマーケットと目白押しである。
 何を馬鹿なと思ってしまう。
 バグマティ川の岸辺近くでは、8階建ての分譲マンションの建設も終了間じかだ。
 7階8階に住み、停電があれば、エレベーターも-使えず、登り降りはどうするのだろう。
 万年的な水不足、水が充分でなければ、下から運ぶのだろうか。
 電気の供給すらおぼつかないカトマンズでこのような建物を建ててどうするの。
 電力供給のための開発計画すらない中で、大型ビルディングを建てていけば、
 2年後、3年後には、一日10時間以上の停電も現実のものになるのは、目に
 見えている。
 郊外には休むことなく、分譲住宅が建てられている。
 25年前のカトマンズでの電力の使用は、明かりを採るか、ラジオ、テープレコーダー
 で音楽を聴くことぐらいに限られていた。
 今では、中流家庭であれば、テレビ、冷蔵庫、洗濯機は当たり前のことになっているし、
 金持ちであれば、エアーコンディションその他多くの家電が入り込んでいる。
 人口は増え、使う電気製品は増えれば、電力消費量が増え、電気が足りなくなるのは
 自明の理である。
 電力を増産していく開発計画は、ここ何年かは成されず、ダム施設の修理ばかりに
 お金が使われていた現状だ。
 電力の供給に関しては、カトマンズは末期的な症状を示している。
 それにもかかわらず、電力を大量に使う不必要な大型ビルディングは建設されている。
 政府は何を持って、建設を許可するのか、その意図が見えてこない。

 計画性がなく、いつもその場しのぎの政策に追われてきたのが、ネパール政府の性格だ。
 電気、水道、環境汚染、人口増加、貧富の差の増大と多くの問題を抱えながら、
 計画的に問題を解決していこうという姿勢は感じられない。
 政治かも官僚もバウン族が大半を占めるネパール、汚職、賄賂で太った彼らは、
 土地を買い、家を建て、車を買う。特権階級さながらである。
 こんな彼らには、国の問題も、生活に苦しむ国民の暮らしも見えてこない。
 金持ちは賄賂を払い、適正な税金を支払わない。税務署官吏は富むばかりだ。
 そうした悪循環の中で、国家予算は増えず、国家的な開発は出来ず、
 外国からの援助ばかりを期待している。
 正しく税金を召集せず、国の未来に対する展望も持とうとしないネパールに 長年に
 わたって、援助し続けてきた日本を筆頭とする諸外国、無批判な援助は ネパールの
 自助自立を妨げてきた。
 その結果が、今のカトマンズの姿だ。
 そんなネパールに仕立て上げた政治家たちが、再び選挙に立ち、次の国政を担おうと
 している。
 国民は政治には期待せず、日々の糧を求めて、走り回るだけだ。


  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



カトマンズ 生き抜く人々 | 11:45:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。