■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ バグマティ橋から上流に向かって‐4
バグマティ橋から上流に向かって‐4 1

バグマティ川上流に向かって‐4 2

バグマティ川上流に向かって‐4 3

バグマティ川上流に向かって‐4 4

バグマティ川上流に向かって‐4 5

バグマティ川上流に向かって‐4 6

バグマティ川上流に向かって‐4 7

バグマティ川上流に向かって‐4 8


 牧歌的な風景を充分に楽しんで、ラナ家の建造したシバ寺院のすぐ近くに架かっている
 橋を渡り、反対側の岸辺へと向かう。
 古くにかけられた箸らしく、幅も狭く、人、自転車、オートバイのみが利用を許されている
 ちょっと味わいのある橋だ。

 カトマンズ側の橋のたもとから、その岸辺には粗末な家々が建ち並ぶ。
 昔、スラムだった家々を、レンガ造りに建て替えたものだ。
 政府の土地に違法に建てた家々である。既成事実として住みついてしまっているが、
 何か、ことがあれば、立ち退きということもあるだろう。
 バグマティ川の川沿いには、こうした家々が多い。
 カトマンズに土地を持たず、地方の村々からやって来て、空き地であった河辺に
 家を建て住みついた人々だ。
 バンコク辺りのスラムも、こんな形で形成されていった。
 急激な人口増加は、こうした結果を生み出す。
 バンコクでは、工業発展に伴って、地方からの人々に仕事を用意したが、
 このカトマンズでは、主だった産業もなく、今は、建築ラッシュに沸くだけである。
 これが下火になれば、今後、地方からの移住者の生活の保証はない。

 生活に必要なものは、インド、中国からの輸入に頼り、ネパールの経済の発展という
 視点は、19世紀以降のサハ王朝、ラナ家専制時代、そして現在に至るまでない。
 必要なものはすべてインドから、そして中国との貿易が始まれば、中国から輸入、
 自転車ひとつ作ることはなかった。
 作るものといえば、砂糖、シンプル布、レンガ、インスタントラーメンなど
 大して労働力を生み出すものでもなかった。
 計画性のなさ、見通しのなさ、援助ばかりを期待してきた結果がこれである。
 アジアの中で、ここ50年以上に渡って 1番怠慢に時を過ごしてきたのがネパール
 であり、今 アジアの中では最後尾にいるのが今のネパールだ。
 エベレストを始めとして、世界最高峰の山々という観光資源を持ちながら、それを
 生かすことも出来ない。
 王族を初めとする富裕層は、輸入された高級なシルクサリーを身につけることが習慣化し、
 ネパールの布文化は育たなかった。
 ネパールは誇れるものといえば、古い家屋に見られる木彫りの窓などの木工技術、
 仏像の鋳造技術ぐらいのものだ。
 観光もハンディクラフトも 政府は真剣に取り組んでいるとは思えない。

 ネパール航空は、現在使用できる国際に便用出来る飛行機は、1機のみ、こんな状態が
 10年近く続いている。
 客を他国の航空会社に奪われているというのが現状だ。
 そのことを憂う政治家もいない。

 国を少しでも発展させようという意欲がなければ、失業者は増え、
 カトマンズのスラムは、増大する一方だ。
 悪政の中にいる国民の不幸も増すばかりだ。
 3時間ばかりのバグマティ橋の上流辺りを散策するだけで、この国の矛盾が至る所に
 現れているのを見ることが出来る。
 この国の現実を知るには、とにかく歩き回ること、それなしには、この国の現実は
 見えてはこない。
 NGO、日本を始めとした政府援助団体の職員、隊員たちが、どれだけ、この国の現実に
 目を向けているのか、疑問が湧く。
 休日が来るたびにタメル辺りで日本食を食べ、だべっているようでは、何も見えてこない。
 それでは、全くの時間の無駄である。税金の浪費である。
 こんなことでは、真の国際性も国際感覚も育たない。
 アジアの人間として、ネパール人の現実を正しく共感的に理解していく態度が、
 援助する側になければ、日本人はいつまで経っても、お金と物を運んでくれるお人好し 
 で親切な能天気な人間としか見られない。


  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ




カトマンズ バグマティ川の辺にて | 12:39:03 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。