■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ バグマティ橋から上流に向かって‐3
カトマンズ バグマティ橋から上流に向かって‐3 1

カトマンズ バグマティ橋から上流に向かって‐3 2

カトマンズ バグマティ橋から上流に向かって‐3 3

カトマンズ バグマティ橋から上流に向かって‐3 4

カトマンズ バグマティ橋から上流に向かって‐3 5

カトマンズ バグマティ橋から上流に向かって‐3 6

カトマンズ バグマティ橋から上流に向かって‐3 7

カトマンズ バグマティ橋から上流に向かって‐3 8


 石畳の敷かれた道を歩き続けていくと、火葬場に行き着いてしまった。
 インドやネパールでは川のそばには 必ず火葬場がある。
 しかし、骨や灰になってしまったものを、この汚染されたバグマティ川に
 流されたのでは死者も浮かばれない。
 いくらなんでもこんな火葬場で荼毘には付されたくない。
 聖なるバグマティ、ブシュヌマティ川をこんな姿にしてしまい、捨て置いている
 ネパール人の信仰とは何か、考えてしまう。
 ここ15年以上にも渡って、汚い姿をさらしているバグマティ川だ。
 昔は子供たちが泳いでいた姿を見かけたものだが。

 それでも川のほうには目を向けず、石畳の道のそばだけを見るなら、
 そこは、昔ながらの情趣が残るカトマンズである。
 火葬場の先にはりっぱなシバ寺院がある。
 150年ほど前のラナ専制時代に建てられたものだ。
 悪声名高いラナ専制時代であるが、多くの歴史的遺物も残している。
 1950年にラナ家の支配に変り、サハ家が王政復古を果たすが、
 ここ60年の間にサハ家のよって 建造されたものはほとんどない。
 王宮ぐらいのものだろう。

 シバ寺院の中に入ってみると、なかなかパワーの渦巻く場所である。
 その当時のラナ家の勢いを感じされるものがある。
 旅行者にはあまり知られてはいないだろう。交通の便の悪い場所だ。

 バグマティ川のこの道筋には、ネパールのすべてが存在している。
 スラム、水に中で砂堀をする人たち、新興住宅、火葬場、歴史的な遺産
 すべてが、矛盾に満ち、理不尽で解決しがたいものを含む。

 こんな場所を歩いていると、頭の中まで、矛盾に支配され、混乱してしまう。
 この矛盾、混乱を当たり前のこととして受け入れているネパール人の精神構造は
 どうなっているのかと、不思議に思う。

 25年間このカトマンズと付き合い続けているが、混乱、計画性のなさ、
 論理的ではないネパール人の性格には あきれ果て、改善の余地のないものと
 諦めている。
 問い詰めると、「ケ ガルネ」(どうすればいいの、どうにもならないじゃないの)と
 逃げの一手、話が咲きに進んでいかないのである。
 日本人などは、ものが整然としていないと落ち着かない民族であるが、ネパール人は
 整然とせず、混乱していても平気である。
 だから、日本のそんな生活に疲れた日本人にとっては、カトマンズは居心地が
 いいのかもしれない。

 宗教もそうである。
 仏教とヒンズー教が 人々の心の中に混在していて、誰も矛盾を感じていない。
 こんなところは東南アジアのタイ、ラオス、カンボジアとも共通するところだ。
 ネワール族社会は、そういう傾向が強い。
 彼らのルーツは東南アジアかもしれないと思えてくる。
 あまり内面的でもなく、深く物事を考える人たちではないのだ。
 240年近く続いたサハ家、ラナ家のよる専制政治は その愚民政策によって、民衆から
 考える力を奪ってしまったのだ。


  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



カトマンズ バグマティ川の辺にて | 00:07:54 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。