■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ バグマティ川の辺にて‐5 テク・ガートのそばの子供たち
バグマティ川の辺にて‐5 テク・ガートのそばの子供たち 1

バグマティ川の辺にて‐5 テク・ガートのそばの子供たち 2

バグマティ川の辺にて‐5 テク・ガートのそばの子供たち 3

バグマティ川の辺にて‐5 テク・ガートのそばの子供たち 4


 すぐそばをバグマティ川が流れるテク・ガート(火葬場)、その前には、
 広い河川敷が 広がっている。
 この広場は、このテク・ガートの近くに暮らす子供たちの遊び場だ。
 子供なら誰でもやってくるという場所ではない。
 このテク・ガートの近くに住む人たちは、カトマンズでも底辺に住む人々だ。
 ネワール族のサイ・カースト(屠殺を仕事とする)、ポーレ(デェオラ)(掃除人)、
 カトマンズ近郊に住む出稼ぎのタマン族の人たちが住んでいる。
 テク・ガートのすぐ後ろにポーレの人々が住み、豚の飼育小屋もある。
 豚の飼育と掃除の請負が彼らの収入源のようだ。
 又、彼らの昔からの仕事は、火葬の後の後始末だ。
 そのお返しに、死者の身につけていた衣服は彼等の物になるし、
 死者を送り出した家族は、後で 後片付けの報酬として、ご飯などの食べ物とお金を
 与える習慣もあるという。
 ポーレたちは、どんな火葬場の近くにも必ず住んでいるカーストである。
 ポーレの子供たちは、広い広場の方にはやって来ようとはせず、
 自分の家の近くだけで遊んでいるようだ。

 広場で遊んでいる子供は、ほとんどが、サイ・カーストの子供たち、
 タマン族の子供たちだ。
 低カーストのサイ・カーストの家に間借りをしようとするネパール人は少ない。
 カーストによる穢れを嫌うからだ。どういうわけか、タマン族は嫌がらないようである。
 このタマン族、カトマンズ近郊に多く住みながら、教育の面では遅れている民族だ。
 カトマンズにやって来ても、肉体労働(リキシャ、荷運び、農作業、レストランでの
 下働き等)に従事することが多い。
 カトマンズで生活している最貧層の人々に属するといっても良い。
 他の仏教徒の民族と比べても、落ち着きがなく、調子ばかり良くて、信用できない
 ところもあるのだ。
 旅行者に近づいてくる自称ガイドもタマン族が多いが、彼らは、ガイドライセンスは
 持っていない。
 ガイドライセンス取得のためには、ある程度の学歴が必要とされるからだ。
 そういうタマン族に騙される日本人も多い。
 タメル辺りで、ドラッグを売り歩いているのも彼らだ。

 どうしてこの広場にやって来たかといえば、広場で凧揚げをしている子供の写真を
 撮ろうというきっかけからだ。
 そして、子供たちや近くに住む大人たちの話から、この場所が、カトマンズ市民に
 とっては、特殊な場所であるということが、わかり始めてきたのである。
 この場所が、川のすぐそばにあること、近くに火葬場があること、そのことを
 考え合わせば、すぐにも気がついて当たり前のことであったのだ。
 だからといって、どうこうということではない。
 ここで遊ぶ子供は、人懐っこいし、広い広場を我が物のように所有し、遊びほうけて
 いるからだ。
 他のカーストの子供たちもここに流行ってこないし、伸び伸びと気兼ねなく遊ぶには
 これほどの場所はない。
 ある程度の年齢になれば、自分のカーストに気づき、気にすることにもなるであろうが、
 今は、遊びを充分に楽しむだけだ。
 通う学校も、政府の学校、私立学校に通う余裕など、彼らの親にはない。
 同じ学校に通うせいか、ここの子供たちは、遊び集団を持っている。
 異年齢の子供たちが、ともに遊んでいる。昔の日本と同じだ。
 幼い子供たちは、年長の子供たちの遊びを見ながら、遊びを習得していく。
 こういう形が、この場所にはまだ残っている。
 今のカトマンズ市内の子供たちには、こうした姿は見られない。
 カーストの重荷、貧乏を跳ね返すぐらいのたくましさ、強さを身につけてほしいと思う。
 もやしっ子の都市の子供なんかに負けるな。自分の道を切り開くだけの強さを
 身につけろと励ましたくなる。
 そんなことを彼らに期待するが、ネパールの現状は、彼らにとっては、厳しい。


  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



カトマンズ バグマティ川の辺にて | 13:27:44 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。