■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カトマンズ 路上で生きる人々‐1 荷運び
路上で生きる人々‐1 荷運び  3

路上で生きる人々‐1 荷運び  2

路上で生きる人々‐1 荷運び  1

路上で生きる人々‐1 荷運び  4


 カトマンズの街中を歩いていると、背負い紐を額にかけ、大きな荷物を背負って、
 黙々と歩を進めていく人たちに出会うことが多い。
 荷運びを仕事とする人たちだ。彼らの本業は、農民である。
 カトマンズの周辺の村から、現金収入を求めてカトマンズにやって来た人々だ。
 耕地も少なく、自給自足もままならず、村にいる家族のために、お金を稼ぎ、
 生活に必要な植物油,衣料品、砂糖、塩、灯油そして現金を携えて、2,3ヶ月ごとに帰郷する。
 農繁期には本業の野良仕事も待っている。
 最初は次男、三男が多いのかと思っていたら、長男の方がはるかに多かった。
 家を支えるのが彼らの役目なのだ。家族を養い、食べさせるために嫌がおうにも、
 カトマンズにやって来ざるを得ないのだ。
 次男、三男であれば、自分の食いっぷちのことだけを考えて居ればいいのだろう。
 高い教育を受けていない彼らが、手っ取り早く現金を稼ぐ方法は、肉体労働しかない。
 その一つの仕事が、荷運びなのである。

 商店主に頼まれ、倉庫から店へ商品を運ぶ、露天で商売をする露天商の商品を
 路上に運ぶのも彼らの仕事である。だから一番忙しいのは、
 露天商が商売を始める午後3時過ぎ、 そして終わる7時過ぎだ。

 私の昔、カトマンズで買った冷蔵庫、ベッドなどをパタンまで運んでもらったことがある。
 当時は、店には運送用の自動車はなく、すべて彼らの仕事だった。
 短い距離であれば、100キロぐらいの重さのものは大丈夫だそうである。

 今の贅沢と飽食に慣れたカトマンズの人々の生活は、彼らの眼にはどう映るのだろうか。
 着飾った女たち、ファーストフード店で、おしゃべりに時間を費やしている若者たち、
 生活があまりに違いすぎるのだ。
 俺たちの息子、娘たちに将来はあるのだろうか。そんな思いもよぎることだろう。
 生まれた場所が違ったという運命のいたずら、このいたずらを乗り越えていくために肉体を
 酷使して、生き続けていかなくはならない。

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


カトマンズ 路上で生きる人々 | 02:02:22 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。