■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク ある風景‐1 マンションと建設作業員
バンコク ある風景‐1 マンションと建設作業員  1

バンコク ある風景‐1 マンションと建設作業員  2

バンコク ある風景‐1 マンションと建設作業員  3

バンコク ある風景‐1 マンションと建設作業員  4

バンコク ある風景‐1 マンションと建設作業員  5



 多くの中級アパートが建ち並ぶペチャブリ・ソイ7という名の通りに行ってみた。
 この通りの両側には昔から、イスラム教徒の住む集落がある。
 二百年近く前に当時のパッタニー王国から拉致され、連れてこられたイスラム教徒だ。
 通りの入り口には、モスクがあり、イスラムの街を象徴している。通りには何軒かの
 イスラム料理店もある。
 アパートを探している日本人がいて、以前 案内したことがあり、気になっていた場所だ。
 この通りの終わりは、汽車の線路になっていて、線路沿いにはバラックの家々が
 建ち並んでいる。

 線路の手前の空き地では、アパートの建設が始まっている。この現場の周囲にはすでに
 アパートやマンションが建っている。
 冷房付の1部屋マンションであれば、月六千バーツを超える賃貸し料だ。
 それでもスクンビット当たりに比べれば、安い。

 建設工事現場では、暑い中、建設作業員たちが、仕事に勤しんでいる。
 1日 男が二百バーツ、女はそれ以下だろう。休むことなく働いても一ヶ月 
 六千バーツの収入だ。
 周りのマンションや 今、彼らが建てているマンションの賃貸し料と同じだ。
 建設作業員の大半は東北タイのタイ人やビルマ、カンボジアから違法入国してやって
 きた人たちだ。
 自分たちが汗水たらして働いて、アパートやマンションを建てても、かれらは、
 アパートやマンションの住民には一生なれないだろう。
 バンコクのマンションなどは、バンコクや地方の金持ちのセカンドハウスになっており、
 投資の対象でもある。

 タイの総人口はここ四十年で2倍以上になっている。東北タイはそれ以上だ。
 塩分を含んだやせた土地、旱魃などで、食べることも出来ず、バンコクに出稼ぎに
 来ざるを得ない人たちだ。
 ふるさとに帰っても、彼らを養うだけの土地は残っていない。
 しかし、バンコクにやってきても食べるだけの生活が眼一杯で、それ以上の豊かな
 生活が望めるとは思えない。
 暑いタイの気候の中で こんな肉体労働が出来るのは、東北タイの農民だけだ。
 遠い昔から、天候、やせた土地の中で生き続けてきた彼らの我慢強さだけが、
 こうした仕事に就くことを可能にする。
 豊かな土地に恵まれている中部タイのタイ人には、こうした仕事は出来ない。

 タイの経済を下から支える東北タイ農民、彼らの言葉が、タイ語とは違うイサン語
 (ラオス語)であることから、タイ人であることを認められず、1932年の立憲革命以後、
 タイ・イサンとして、タイ人としての市民権を得るようになるのである。
 バンコクに出稼ぎにやってきても、コン・ラーオ(ラオス人)と言われ、長い間
 蔑視もされてきたのである。
 タイの人口の三分の一が東北タイ イサンの人々だ。
 4,50年前の東北タイの人々の生活を知りたければ、『東北タイの子供』(ルーク・イサン)を
 読めばいい。 
 当時の東北タイ農民の生活が生き生きと綴られている。
 ラーマ5世の時代にも生活の苦しさから反乱を起こしているし、ベトナム戦争前後には
 東北タイの独立を求める反体制運動が盛んになった時期もある。

 しかし、教育水準の低さから、なかなか中央の中枢の中に入っていけず、彼らの声は、
 中央政府には無視されがちだ。
 地方には シャオ・ポーといわれるボス、地方実業家がおり、選挙の票の支配も
 彼らによって握られており、票の売買という悪習がはびこっていて、東北タイ農民の
 本当の要求、声が政治に生かされていかないことにも大きな問題がある。
 自分たちで自分たちの首を絞めているところもある。
 もう少し、頑張ってくれよと言いたい気持ちもある。


  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


バンコク ある風景 | 21:32:38 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。