■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ビエンチャンへの旅(4) ビエンチャンの外国人租界-1
ビエンチャンへの旅(4) ビエンチャンの外国人租界-1 1

ビエンチャンへの旅(4) ビエンチャンの外国人租界-1 2

ビエンチャンへの旅(4) ビエンチャンの外国人租界-1 3

ビエンチャンへの旅(4) ビエンチャンの外国人租界-1 4

ビエンチャンへの旅(4) ビエンチャンの外国人租界-1 5


 一眠りして、すっきりしたところで、メコン川周辺を散策してみることにした。
 この辺一帯は、外国人旅行者と外国人相手の商売をする中国人、ベトナム人の
 場所である。
 当のラオス人といえば、ウェーター、ホテルの掃除、乗り合い3輪車の運転手などの
 仕事をする人たちである。
 10年ばかり前は何もなかったメコン川岸辺周辺が1大外国人租界になっている。

 1893年ラオスはフランスの保護国になり仏領インドシナ連邦に編入されてしまう。
 第2次世界大戦中は日本に占領され、日本軍支配下、1945年独立を宣言するが、
 実際は1949年、フランス連合内のラオス王国として独立を果たしたが、
 それはフランス連合内の枠の中で、防衛権、外交権は持つことは出来なかった。
 1953年10月22日 ラオスはラオス王国として
 フランスから完全に独立することが出来た。
 しかし、その後は政権も安定せず、長い内戦の混乱状態を経て、
 1975年王制が廃止され、ラオス人民共和国へと移行し、その後は安定した政権を
 確立している。

 ラオスには多くのベトナム人と華人がいる。
 ラオスの経済的実権を握っているのは彼らのようである。
 フランスの統治時代 ラオス人にはほとんど教育の機会はなく 就学率は3%以下、
 その3%もフランスの植民地支配の手先として働いてくれるラオス人下級官吏を
 養成するためのものだった。
 教育を与えれば、反仏運動が起こることを怖れたのである。
 それだけでなく、フランスにとってラオスは重要ではなかったことから、
 直接統治はせず、フランスの植民地経営にベトナム人を使って 
 ラオス人を最下層労働者として管理させる『愚民政策』を行ってきたのである。
 更にベトナム人の移住を積極的に進めたことにより、
 ベトナム人、カンボジア人の混血が進み、複雑な上下関係を生み出していった。
 それと同時にラオスの伝統的な生活習慣、様式が失われていったのである。

 狡猾なフランス人の植民地政策は、ラオス人を自国に住んでいながら最下層の人間に
 貶めていったのである。
 こうしたフランスの統治によって、ラオス人は教育に対する関心を失い、
 整った教育制度が生まれてくるのは、1975年のラオス人民共和国の成立以降の
 ことになるのである。
 
 その影響は今なお残っているのである。
 旅行者の集まる地域のレストラン、ホテルの経営者が、ほとんどベトナム人であり、
 表通りに店を出しているのが、ベトナム人か、中国人であることからも
 そのことが覗えるである。
 人の良い素朴さだけでは、商いが出来ないラオス人、自国に住んでいながら、
 ベトナム人、中国人に富を奪われてしまうラオス人、そこにラオスの暗い影が
 あるようである。


人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ

日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ


ビエンチャンへの旅 | 03:35:30 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。