■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク 運河めぐり プラカノン運河 終わりの巻き
バンコク 運河めぐり プラカノン運河 終わりの巻き 1

バンコク 運河めぐり プラカノン運河 終わりの巻き 2

バンコク 運河めぐり プラカノン運河 終わりの巻き 3

バンコク 運河めぐり プラカノン運河 終わりの巻き 4

バンコク 運河めぐり プラカノン運河 終わりの巻き 5


 しばらく、帰りの船を待ち続けていると、船はやってきた。
 船は、私のいる船着場の対岸に着き、
 プラカノン市場へと向かう乗客を乗せ始めている。
 手を振って帰る私がいることを合図すると、
 私のいる船着場にも船を寄せてくれる。
 乗るのなら、どっちの岸にいてもいいのだ。

 帰りは、運河の様子、行き先もはっきりしているから、
 のんびりと風景を楽しむことも出来る。
 川面を吹く風は、涼風で行きと同じように気持ちが良い。
 新年を気持ちの良い運河めぐりで始まったことに感謝しよう。

 これから、この運河がどう変貌していくのかはわからないが、
 今日1日は、十分に楽しませてくれた。
 
 岸辺を歩く人々、小船を操り、運河を行きかう人々、
 皆幸せそうな生き生きした顔をしている。
 世の中、なるようになるさというタイ人の楽観主義が生み出すものだ。

 バンコクを横断する二つの重要な道路、ニューペチャブリ道路とスクムビット道路に
 はさまれるように走るこの運河、バンコクの主要な開発地域であることは確かだ。
 建売住宅、高層マンションが建ち並ぶのも近い将来のことだろう。
 そうしたときにこの運河がどういう姿に変貌していくのかは
 予測はつかない。
 開発の遅れている川向こうのトンブリ地区を流れる運河、
 そして都心に近い地区を流れる運河、
 これらの運河がどう生かされていくのか、あるいは打ち捨てられていくのか、
 それを見つめることでバンコクの環境に対する姿勢を知る指標になるだろう。
 東南アジアの中で急速な人口増加の進むバンコク、
 バンコクはますます巨大化していくには違いない。
 環境の保全、そこに住む人々の安全な生活の保障など
 大きな課題が バンコクには問われているのだ。

 夕日を追いかけるように船は、右へ左へと蛇行しながら進み、
 プラカノン市場に向かった。


人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   banner2
人気ブログランキングへ

バンコクの運河 | 11:34:10 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。