FC2ブログ
 
■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
ネパールの布 ネパールの刺繍
ネパールの布 ネパールの刺繍 1

ネパールの布 ネパールの刺繍2

ネパールの布 ネパールの刺繍 3



 20年近く前に見つけたネパールの刺繍布である。
 布は工場生産のつまらない布であるが、刺繍は素晴らしい。
 ネパールにこれだけの刺繍の技術があることに驚いたものだ。
 ネパールの山岳民族の仕事であるようだが、
 ネパールのどのあたりの仕事かはわからなかった。
 そうこうする内に20年の歳月が流れ、この刺繍を市場では
 見かけけることはなくなった。
 私がネパールにいるようになって、23年になるが、
 ネパールの染織で、価値を感じたものは、この刺繍、
 ダッカ布、そして、イラクサである。
 ダッカ布やイラクサは今もなお、生き続けているが
 この刺繍は生かされることがなかったようだ。

 アッサムあたりの天然シルク ムッガシルクの布にこうした刺繍を
 施せばと思うが、もう刺繍の担い手はいなくなっているかもしれない。

 ネパール人は、古い技術を生かしながら、新しいものを作り出す能力に
 欠けているようである。
 新しいものだけを追い求め、古いものを上手に育てていく地密な努力が足りない。
 そうしたことは、ネパールの今の政治状況にもつながるようだ。

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ

日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

ネパールの布 | 12:28:20 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する