■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク バンコクから東京へ
 1月12日 夜中の3時が近づき、バンコクの国際空港 スワンナブーム交際空港へ
 向かう時間になった。
 隣の部屋では息子のBが テレビを見ながら 待機している。
 重く息苦しい身体を持ち上げ、着替えを済ませ、荷物の最終チェックを済ませ、
 小型のスーツケースと
 リュックサックを息子に持たせ、部屋を出る。

 マンションの外に出ると 辺りはまだ闇の中である。
 タクシー料金350バーツを息子に渡し、やってくるタクシーを
 待っていると 1台のタクシーが すぐさまやってくる。
 スワンナブームまでの運賃交渉は 350バーツで成立である。
 若い息子は十分に体力は残っているが、私のほうは体力も消耗していて、口数も少ない。
 スワンナブームに行くのは 息子にとっては初めての体験である。
 ドンムアン空港には 数え切れないくらいに通った。
 インド、ネパール、東京と 何度 一緒に通ったことか。
 
 夜のしじまの中のバンコクの街を30分もしないうちに タクシーは空港へと到着した。
 タクシーを降り、二人で空港の中に入り込んでいく。
 ノースウェスト航空のチェックインカウンターへと向かう。
 並んでいる乗客の数は少ないが 一人一人のチェックにやたら時間がかかる。
 エコノミックス用のカウンターは二つしかしかないのに 一人のアメリカ人がごねていて、
 やたら時間がかかっている。
 元気そうに振る舞い、乗車拒否にあわないようにするのもなかなか辛い。

 短い時間 息子との短い別れの時間を告げ、出国手続きのカウンターへと向かう。
 再びいつ会えるのかは定かではない。
  
 出国手続きは簡単に終わり、荷物検査を終え、ゆっくりゆっくりとG3搭乗口へと向かう。
 体調のよくないときには 普通でも長いG3までの距離の長さがやたら長く感じられる。。
 どこか寝転がれる場所を見つけたいと思うが、どこも一杯である。
 やっとのことで長いG搭乗口までたどり着く。

 いつもならここで煙草を一服ということになるのだが、もうそんな状態ではない自分を
 再認識する。

 G3の搭乗口前で 形だけの荷物チェックを受け、搭乗口前の待合室へと急ぎ、
 やっと横になることができる。
 30分も待っていると 搭乗が始まる。

 私のとこの席が空席であることを祈るが、残念ながら、ミネソタ州出身のアメリカ人が
 座り込む。
 近くに日本人客室乗務員がいたので 体調が悪いことを告げ、居心地のよい席があれば
 見つけてくれることを頼んでおく。
 6時間のフライト中耐えられるかと訊かれるが 当然大丈夫と答えて置く。

 飛行機が飛び立つと この女性日本人客室乗務員が 2座席分の場所を確保してくれる。
 後に4座席分の場所を確保してくれるが、あまりに悪いので遠慮してしまった。
 そんな遠慮をしていたら、その4座席分を私より健康的に見える外国人が利用し、
 眠り込んでいた。
 つまらない遠慮はするものではないとつくづく感じてしまった。


 寝やすい形を作りながら、6時間近い飛行時間中の半分は耐えることが出来た。
 ビールとワインは無料だったので 感覚を麻痺させるには都合がよかったのかもしれないが
 飲む気にはなれなかった。

 身体を丸くして 朝食も取らず、耐え続けていると やっと成田が近づいて来た。
 上空の天気はよくないようだ。
 体力づくりのために 出されたクロワッサンサンドだけは無理しても食べることにした。
 昨日の夕食以降 何も口にしていなかった。
 成田到着後の体力が心配だったからだ。
 無理やり飲み込んで、食べる。

 小雨降る中を 飛行機は成田空港の滑走路へと滑り込んでいった。
 日本人の客室乗務員に 車椅子の手配を頼んでおく。
 残っている体力は出来るだけ温存しておく必要がある。

 この客室乗務員の母親も10年以上前に子宮がんに係り、手術をしたが この10年再発の
 気配もなく、今なお健在のようだ。
 飛行機を降りる寸前にくれたティッシュボックスは 私への思いやりだったのかもしれない。

 さあ 飛行機から出て 成田空港へと移動すると 飛行機の出口では 車椅子が待っていた。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



徒然なるままに | 15:42:39 | Trackback(0) | Comments(5)
コメント
大変嬉しく思います!!!
ひかるのさん

やっと安心しました。嬉しく思います。あとは療養なさって下さい。
さっそく、私のブログへ下記のような記事を掲載しました。
兎に角、前向きの気持ちをもってガンと闘って下さい。
何時も、ひかるのさんの全快を御祈りを「しています。
おやすみなさい、藤山杜人
======================
胸水からガン細胞が検出された ひかるのさんが気息えんえんでバンコックから飛行機に乗ってから9日目。ついに連絡がありました。入院していたそうです。抗癌剤の投与を始めるようです。まずはホットしました。以下は彼とのやりとりです。http://asiancloth.blog69.fc2.com/ をご覧下さい。

コメントとして、
ひかるのさんへ藤山から、

無事、成田へ着いたことと思います。
病院で治療中で、ブログを書けないのかと思いますが、必ず快方に向かうものと信じています。
無理せずゆったりしたお気持で治療を受けるようにとお祈りしています。
藤山杜人
2010-01-14 木 16:48:22 | URL | 藤山杜人 [編集]
=============
Re: タイトルなし。ひかるのさんから藤山へ、
藤山様

日本に到着して 10日あまり 入院生活のペースにも慣れ、
インターネットもつなぐことが出来るようになりました。

来週から 抗がん剤の投与が始まります。
どうも厄介な種類の癌のようです。

いろいろ ご心配頂き、ありがとうございました。

                 ひかるの
2010-01-23 土 19:57:09 | URL | ひかるの
=====================
小生の感慨です。バンコックに残ったひかるのさんの28歳の独身のタイ人の息子の運命はどうなるのでしょうか?
日本人である ひかるのさんが日本の先端医療の恩恵を少しでも受けることが出来た事を大変嬉しく思います。
早く快方に向かい、またバンコックへ行き、息子さんと再会出来ることを祈っています。
ひかるのさんとは、彼が神田、小川町で開催した「アジアの手織り布の展示会」で3回お会いした方です。ご病気の全快を御祈りしています。
彼のブログは多くの方々がご覧になっていました。心配していた方も多いと思い。ここにご連絡申し上げます。藤山杜人
2010-01-24 日 20:14:27 | URL | 藤山杜人 [編集]
ひかるのさま

 本当によかった!! 1月24日の文字が飛び込んで来たとき
 には胸がいっぱいになりました。
 時々アジアからのたよりを写真といっしょに楽しませていただい
 て居りました。ゆっくり体を休めて下さい。
 全快をお祈り致します。 

            岡山より  かずえ 
 
 
      
2010-01-25 月 08:07:11 | URL | [編集]
藤山様

今後の治療方法で どうなるのかわかりませんが、
出来るだけいい方法を考えて行きたいと思っています。

いつもお心遣い 恐れ入ります。

                  ひかるの
2010-01-25 月 08:23:46 | URL | ひかるの [編集]
かずえ様

 ご心配頂き おそれいります。

 三食昼寝付で のんびり身体を休めています。

 今週から 抗がん剤の投与が始まります。

 副作用の少ないことを望んでいます。

                   ひかるの
2010-01-25 月 08:27:41 | URL | ひかるの [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-03-10 水 15:18:20 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。