■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク 元旦のパッポン通り
バンコク 元旦のパッポン通り 1

バンコク 元旦のパッポン通り 2

バンコク 元旦のパッポン通り 3
バンコク 元旦のパッポン通り 4

バンコク 元旦のパッポン通り 5

バンコク 元旦のパッポン通り 6

バンコク 元旦のパッポン通り 7

 元日は 日本からやって来ている知人のTさんに チャオプラヤ川の川向こうの
 トンブリ地区の下町界隈を案内しようと思ったが、大晦日の動きが ハードワークに
 なり、昼過ぎても体調が回復せず、午後3時の約束はキャンセルしてもらい、
 夕方午後6時に待ち合わせをすることにした。

 たまには スクムビットのソイ・ナナ辺りと並ぶバンコク一の歓楽街 パッポンを
 散策するのも一興と思い、午後6時にBTS高架電車の駅 ラーチャ・テェヴィで
 待ち合わせ、電車に乗り込み、サイアム駅で乗り換え、サラ・デーン駅へと向かった。

 サラ・デーン駅で降り、電車の反対方向に向かって通路を歩き、敢えて 昔の
 ロビンソンデパートを出発点にして歩き出す。
 ラーマ四世道路とシーロム道路の交わる交差点の一角にあったデパートである。

 20年以上も昔、中華街の中にあった日本人の溜まり場 ジュライホテルに泊まって
 いた頃は 4番のバスに乗って シーロム道路を目指した。
 国立チュラロンコン大学のすぐ近くのバスの停留所で降り、すぐ後ろの横断歩道橋を
 渡るか、少し先の横断歩道を渡って ロビンソンデパートの前から歩き始めるのが
 いつもの定番のコースだった。

 そのコースを連れの知り合いと一緒に歩き始めた。
 夕方も6時を過ぎると 遊歩道には衣料やアクセサリー、民芸品を売る露店が立ち並び、
 昼間のビジネス街から夜の歓楽街へと姿を変えるのは 昔ながらのことである。

 露店と行き交う人で混雑するシーロム道路の歩道を 縫うように歩いていく。
 10分近く歩くと タニヤ通りにぶつかる。
 タニヤ通りのネオンサインのほとんどは 日本語で描かれている。
 昔から 日本の企業御用達の高級ナイトクラブの並んでいる界隈である。
 ビジネスマンではなかった私にとっては あまり馴染みのない場所である。
 ナイトクラブ、バー、日本食の料理屋、ラーメン屋などが並んでいる。
 時間が早いのか、不況のせいか まだ 日本人の姿は多くない。

 タニヤ通りを抜けると スリウォング道路の歩道へ出る。
 シーロム道路が表通りなら、スリウォング道路は裏通りである。
 この裏通り スリウォング通りも昔に比べると 随分明るくなり、健康的な雰囲気に
 変わっている。
 20年前のシーロム道路とスリウォング道路に囲まれたバンコクの一大歓楽街といえば、
 性の無法地帯といってもよく、外国人が求める性のほとんどが用意されているような
 場所だった。

 連れの知人と偽ブランド品の並ぶパッポン通りを歩き、パッポン通りのすぐ横の路地を
 歩く。
 時間が夕方の7時だったせいか、数多くのバーが並んでいるにもかかわらず、
 呼び込みもなく、至って静かな姿で 拍子抜けしてしまった。
 悪も善も、聖も汚れもすべてが一体化され、混然、混沌の中にあったこのあたりも
 様々の法的な規制が厳しく行われ、健康的な歓楽街へと様変わりをしてしまった。

 二人で再び、スリウォング道路に戻り、歩道脇のビア・バーのテーブルの前に座り込み、
 ビア・チャンの小瓶を傾けながら、通りを歩いていく人を眺める。
 正月休みに入っているせいか 若者から中年まで日本人旅行者の姿も多い。

 簡単にただの遊びと思ってやって来たこの歓楽街で 性と愛を錯覚して 
 地獄のような世界に足を踏み入れる人たちも多くいるのだ。
 それは理屈でどうなるものでもなく、体験してみなければ 分からない世界だ。
 体験して何かを学び取る人もいれば、どこまでも不毛な愛の世界に嵌り込んでいく
 人もいる。

 再び歩き始め、裏通りを散策しているとこの界隈の有名レストランなのか
 多くの外国人旅行者が席を求めて 立ち並んで待っているレストランがあった。
 昔はこんな裏通りにこんなレストランはなかった。
 レストランの名前は マンゴツリー、外国人の間では有名なレストランなのだろう。

 表通りのシーロム道路に出て、露店で混雑する歩道を抜け、BTS高架鉄道に乗って
 ラーチャ・テヴィ駅に帰ってきた。
 毒気のなくなったパッポンには何の魅力もなくなってしまった。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ




バンコクを歩く | 10:26:46 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。