■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク 朝の散歩
バンコク 朝の散歩 1

バンコク 朝の散歩 2

バンコク 朝の散歩 3

バンコク 朝の散歩 4

バンコク 朝の散歩 5

 昨日 降った激しい雨のせいか 朝の空気が 心持ち爽やかに感じられる。
 マンションの前の通りで 何か 朝ご飯を食べようと思い、通りを歩いてみるが
 今日は 日曜日、屋台はほとんどと言ってもよいくらい、閉じている。
 
 あのカンボジア・タイ国境の県 ブリラムにある村からやって来ていると 
 行きつけの屋台のラーメン屋のおばさんは 新年を田舎で迎えるために 田舎へ
 帰ったのだろうか。
 昔は ピー・マイといえば 4月のソンクラン(水かけ祭り)だったが、
 今では西洋暦の新年にも バンコクで働いている出稼ぎの人たちが 田舎へ帰るのも
 習慣になってしまった。

 クリスマスのイルミネーションの派手さの中で忘れていたが、年末年始のほうが
 屋台を利用する私にとっては 大きな問題である。
 年末から新年にかけて 1週間くらい 屋台の商いは 影響を受け、寂しくなる。

 センセーブ運河を超えて、下町の市場に行くと 市場の中にある中国人のための
 道教の廟も 新年の祝のためか 飾り付けに余念がなかった。

 市場からイスラム教徒のチャム族の住む集落 バーン・クルアへと足を延ばす。
 集落の入口にあるモスクの前には 知り合いのチャム族のおばさんがいて、
 挨拶をかわす。
 この集落に住むチャム族は 今から200年ほど前にカンボジアからやって来て
 住み着いた人々で カンボジア政府とタイ政府の関係が悪化していることには
 頭を悩ませているようだった。
 彼らは 国王には忠実であるが、政府に対しては批判的である。

 のんびりと集落に沿って流れるセンセーブ運河の脇に造られた遊歩道を歩いて、
 大型スーパーのロータスに向かう。
 速く歩くと 息が切れるのでゆっくりと歩く。
 具合が悪いと言って 動かずにいると そのうち動けなくなってしまうのではと
 いう気持ちになるから、動くようにしている。

 北バーン・クルアの端まで来ると センセーブ運河に橋がかかっている。
 この橋を超えると 大型スーパー ロータスの敷地の中に入る。

 すっかり忘れていたが このスーパーの前の空き地では 午前中 月曜日を除いて、
 朝市が立つ。
 別段 特別なものが売られているわけではなく、野菜、肉、魚等が 安い値段で
 売られている。
 大型スーパーのロータスが出来る前は この場所は 小さな市場で 近所に住む人や
 屋台の商いの人相手の市場だった。
 そんな名残を感じさせる朝市の姿である。
 しかし、あまり買い物客の姿もなく、多くの人たちは 冷房の効いている
 小奇麗なロータスへと惹かれていくようだ。

 私もロータスには用事があった。
 ロータスの中にある出店のチェーン店 BOOTSで総合ビタミン剤とカルシウムの
 錠剤を買うためである。
 体内の成分のバランスをよくすれば、漢方の効き目もいいのではと思ったからだ。
 来年の1月には どうしても ネパールに行き、引き上げのための片付けを済ませて
 こなくてはならない。

 日本にいるときは 来年のネパール滞在は 3ヶ月と考えていたが、ネパールの
 医療事情を考えると 長くても10日以内の滞在にする必要がある。
 どちらにしても 29日の国立チュラロンコン病院での専門医の診察次第で
 はっきりしたことはわかるだろう。
 今の大きな課題はネパールに行くこと それだけであるから、そのためにも 
 今の体調だけでも維持して置く必要がある。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


徒然なるままに | 10:40:03 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。