■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク 懐かしのルンビニパーク‐02
バンコク 懐かしのルンビニパーク‐02 1

バンコク 懐かしのルンビニパーク‐02 2

バンコク 懐かしのルンビニパーク‐02 3

バンコク 懐かしのルンビニパーク‐02 4

バンコク 懐かしのルンビニパーク‐02 5

バンコク 懐かしのルンビニパーク‐02 6

バンコク 懐かしのルンビニパーク‐02 7

バンコク 懐かしのルンビニパーク‐02 8

 すっかり小奇麗に整備されたルンビニパークの中をのんびり歩く。
 乾期の12月も後半に入り、午前中の公園の中は まだ爽やかな涼しさが残っていて
 気持ちがよい。
 汗も 少しかく程度で別段気にならない。

 池のそばに近づいて 池の中の浮かぶ木切れにもたれかかるようにミズオオトカゲが
 日向ぼっこをしている。
 写真を撮ろうと 池の中にいるミズオオトカゲを見ながら 少し移動すると 近くで
 物音、そっちの方へと眼を向けると 陸の上で日向ぼっこをしているもう1匹の
 ミズオオトカゲがいた。
 彼も驚いただろうが、もっと驚いたのは私の方である。
 池の中へと逃げ出して行くかと思ったが、そのまま 日向ぼっこを続けていた。

 やはり バンコクは 亜熱帯の動植物の世界なのである。
 普段は 近代的な高層ビルに囲まれて そんなことを忘れている。
 公園の中にも沢山のヤシの木やソテツがあるのが 当たり前の姿なのである。
 花を咲かせる樹木だって 熱帯風の花を咲かせているのだ。
 赤い花の名前を清掃の仕事をしている女の人に訊いたが、花の名前は知らず、
 この赤い花が食用になることは知っていた。
 そのことの方が 花の名前を知ることより、重要な事なのだろう。

 いつもはビルに囲まれ、自然を忘れてしまったような生活をしているが、
 自然が保全されているルンビニパークのようなところにやって来ると はっきりと
 バンコクの亜熱帯の自然を再確認することになる。

 私が住んでいるMBKセンター(マーブンクロン)近辺は 市民が共有出来る自然と
 いえば、センセーブ運河沿いにわずかに残る自然ぐらいのものだ。
 伸び伸びと好き勝手に 自然に囲まれた中を動きまわることなど出来ない。
 久し振りに広い公園の中をゆっくり歩きまわることで 自然と触れ合うことが出来た。

 急いで歩きまわると 息苦しくなる体調であるが、体調に合わせて、ゆっくりと
 1時間半ばかり 散策した。
 暑い季節なら 汗まみれになっているところであるが、午前8時過ぎの天候の中では
 うっすら 汗がにじみ出てくる程度だった。

 再び、ゆっくり、ゆっくりと チュラロンコン病院へ向かって歩くことにした。
 そろそろ 血液検査の結果が出る時間が近づいている。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



バンコクを歩く | 14:15:18 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。