■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク 鯵の煮付けを作ってみた
バンコク 鯵の煮付けを作ってみた

 タイでは 鯵のことを プラ・トゥーと呼んでいる。
 タイには 2種類の鯵が売られていて、一つは日本と同じような鯵で、
 もう一つは別の種類のもので 魚の表面は  ツルッとしていて鱗はない。
 タイ人の間では この種類の鯵が好まれる。

 この鯵の蒸したものが市場でよく売られており、これを油で揚げておかずにもするし、
 この蒸した鯵を焼いて、唐辛子やライムを加えて ナム・プリ・プラ・トゥーという
 たれを作り、蒸した野菜などにつけて食べる。

 今日は近くのスーパーに行くと いつもより安く1キロ65バーツ(約170円)で
 売られていたので 6匹ほど買うと 47バーツ(約140円)だった。
 この鯵の味は 日本の鯵とは違って、鰯と鯵を合わせたような味がする。
 この鯵を買ってくると 大抵は煮付けにすることにしている。
 生姜を加えた煮汁に乾燥唐辛子を 2,3個入れて煮る。
 中国人だと 豚の脂身を入れるようだ。

 タイでは 鯵は庶民の魚で 海の魚の中で 鯖同様に安い。
 この前などは 鯖の大安売りで1匹18バーツ(約50円)だった。
 この時も 鯖を買ってきて 鯖の味噌煮を作って食べた。
 白身の魚は 近頃では値段も上がり、仕方が無いので鯵や鯖で我慢している。
 小さい時から 鯖や鯵に親しんできたから、むしろ好んで食べている。

 タイはネパールと違って 海の魚があるので 料理をするのは楽である。
 川魚は 料理法がよく分からない。
 ネパールのように カレー味にして唐揚げにするのであれば 簡単だが…。
 タイの中でも 東北タイの人たちは 川魚の料理が得意である。
 ハーブやタマリンドの酸っぱい実で味付けし、美味しいスープを作る。
 ナマズや雷魚を使った料理は 彼らの重要なレパートリだ。

 食べることに関心を持つこと、そして たまには自炊をして 自分で作ってみること
 これも飽きずに 海外生活をしていくための秘訣かもしれない。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


徒然なるままに | 15:20:20 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。