■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク 集落 バーン・クルアの朝
バンコク 集落 バーン・クルアの朝 1

バンコク 集落 バーン・クルアの朝 2

バンコク 集落 バーン・クルアの朝 3

バンコク 集落 バーン・クルアの朝 4

バンコク 集落 バーン・クルアの朝 5

バンコク 集落 バーン・クルアの朝 6

バンコク 集落 バーン・クルアの朝 7

バンコク 集落 バーン・クルアの朝 8

バンコク 集落 バーン・クルアの朝 9

バンコク 集落 バーン・クルアの朝 10

バンコク 集落 バーン・クルアの朝 11

バンコク 集落 バーン・クルアの朝 12

 朝6時過ぎに眼を覚ましたので まだ気温の上がらないセンセーブ運河沿いを歩いて、
 イスラム教徒の集落 バーン・クルアの朝の様子を眺めに散歩に出ることにした。
 サファン・フアチャン(象の頭橋)の上から センセーブ運河を走る水上バスの
 船乗り場に目を向けると 朝の早い時間、通勤時間にはまだ早く 桟橋には 
 人の姿はない。

 運河の遊歩道に降り立ち、運河に沿って歩き始める。
 いつも開けっ広げにしている木造の古い家を右折して モスクに向かう路地に
 入っていく。
 出会った人と朝の挨拶を交わしながら、路地裏の中を歩いて バーン・クルア・ヌア
 (北バーン・クルア)の端っこにある惣菜屋が集まっている一角へと向かう。
 集落の中のイスラム教徒の家に間借りをしている東北タイ イサン地方からやって
 きている若者や出稼ぎの人たちが この場所にやって来て 朝の食事に向かっている。
 惣菜屋の前では 惣菜を売っている女性が 一人の僧侶のために惣菜を サイ・バート
 している。
 毎日のことなのだろう。
 バンコクの古い集落では まだ こうした習慣が残っている。
 この辺りはイスラム教徒の居住区で 仏教寺院はなく、1キロほど先にある寺から
 やって来るのだろう。
 朝早く 散歩をすることは しばらくなかったので 久しぶりのサイ・バートの情景に
 新鮮な思いがした。

 再び 迷路のような路地裏を抜けて、センセーブ運河へと向かう。
 センセーブ運河の向こう岸にバーン・クルア・タイ(南バーン・クルア)という名の
 水上バス乗り場である。
 そろそろ 7時半近く、仕事に出掛ける人の姿が桟橋の上に佇み始めている。

 この桟橋の対岸地区は バーン・クルアの西地区に当たる。
 今日は 12月5日の国王誕生日が土曜日だったので 12月7日の今日は 
 代替え休日になっており、子供たちも学校が休みで 朝の慌ただしい雰囲気はない。
 路地裏に住む人々ものんびりと座り込んでいる。
 忙しいのは朝の惣菜を売る人たちと 昼食用の惣菜の準備をしている人たちだけだ。

 その朝食用の惣菜 チョーク(お粥)を売っている家がある。
 この家、昼間は 手作りのお菓子やまんじゅうを売っているのは知っていたが、
 朝は お粥を売っているとは知らなかった。
 この地区 バーン・クルアはイスラム教徒の集落なので 豚肉を使った料理はなく、
 牛肉か鶏肉である。
 お粥の味付けも中国風というよりも イスラム風の濃い味付けである。
 チョーク(お粥)は 中国風の豚肉団子や豚の内臓を入れたものが美味であるが、
 私の住んでいる辺りには 残念ながら 豚肉主体のチョークはない。

 折角 見つけたお粥だったので 朝ご飯用に チョーク・サイ・カイ(鶏肉入り
 お粥)を注文して ビニールの袋に入れてもらって 持って帰ることにした。
 帰り道に 象の頭橋の下で惣菜を売っている馴染みのおばさんのところで 
 ラープ・ムー(豚肉のイサン風和え物)を買い、お粥の副食にすることにした。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ




バンコク 運河の辺の街 | 15:25:28 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。