■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク 日曜日の午後
バンコク 日曜日の午後 1

バンコク 日曜日の午後 2

バンコク 日曜日の午後 3

バンコク 日曜日の午後 4

 午後3時を過ぎると 開け放したベランダのドアから 西日が差し込み始める。
 冬場のバンコクのほうが 私の住んでいる部屋は 夏場より熱いくらいである。
 その西日を避けるために インドで買ったマディアプラデェッシュのブロック・
 プリントのベッドカバーで暖簾を作ってみたが 長さが十分でなかったせいで
 暖簾の下から容赦なく西日が入り込んでくる。

 こんな時には 部屋の中にいても茹だるだけなので 買い物がてらに外に散歩に
 出掛ける。
 今日は久し振りに センセーブ運河沿いの遊歩道を イスラム教徒の住む集落
 バーン・クルアに向かって歩いてみることにした。
 サファン・フアチャン(象の頭橋)を超え、その途中にある階段を降りて、
 センセーブ運河の遊歩道へ向かう。
 遊歩道に降り立つと 目の前に水上バス乗り場になっている桟橋があり、水上バスを
 待つ人達が 桟橋の上に立っている。
 今日は日曜日のせいか 待つ人の数は少なく、待つ人々の様子もゆったりしている。

 2,3ヶ月前は 雨期開け前で チャオプラヤ川の水位が上がり、川の水が運河に
 向かって逆流してきて 洪水をもたらすので 運河の水門は閉じられ、流れ出る汚水で
 運河の水は すっかり薄汚れていたが 乾期に入った現在は 水門が開けられている
 らしく、運河の水も少しはきれいになっている。
 それでもいつもより水位は高く、水上バスがやってくると 運河の水が桟橋に覆い、
 待つ人々は 桟橋から逃げ出している。

 そんな人々の姿を眺めながら、遊歩道を歩いていく。
 途中の小さな公園では 休日の夕方近くの午後を 男の子たちはサッカーを 
 女の子たちはバトミントンを興じている。

 いつも通りの人たちが 運河沿いの遊歩道で 各々の日常の営みを続けている。
 夕餉の惣菜の用意をしている人、近所の人達との会話を楽しんでいる人、家の前で
 何やら修理をしている人、眼が合えば 軽く会釈をして挨拶を交わす。

 体力が十分ではないので カメラを向ける気力が湧いてこない。
 集落の雰囲気に溶け込むことで精一杯だ。
 眺めること、観察すること、関心を持つことにも気力が必要なことがよく分かる。

 遊歩道沿いに歩いて、大型スーパーマーケットのテスコ・ロータスに向かって歩く。
 集落 バーン・クルアの運河を挟んで向こう側にそのスーパーはある。
 別段、これといって買うものはないが、大安売りの新鮮な魚や果物でもあえば、
 買ってこようと思っていた。
 実際 スーパー ロータスに行ってみると 期待していたものはなく、何も買わずに
 帰ってきてしまった。
 この時期 果物類は安くなっているが、魚は高い。
 鯵や鯖の新鮮なものがあればと思ったが、鯵は値段が高く、鯖は活きが悪かった。
 活きが良ければ 味噌煮にでもしようかと思っていたのだが。

 いつもなら気にならない人の動きが鬱陶しく、バランスよく相手を避けながら、
 上手に動くことが出来ず、人の動きがついていくことが出来ず、
 もどかしい気持ちになる。
 反射神経が 衰えているようだ。

 部屋に帰ると 陽は沈みかけており、西日の心配はなくなっていた。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



バンコク 運河の辺の街 | 20:30:09 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。