■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク 下町のクリニック
バンコク 下町のクリニック 1

バンコク 下町のクリニック 2

バンコク 下町のクリニック 3

バンコク 下町のクリニック 4

バンコク 下町のクリニック 5

バンコク 下町のクリニック 6

 一昨日 マッカサン駅周辺からBTS高架鉄道のパヤタイ駅まで歩き回り、
 少しオーバーワークになり、体調を崩し、再び 咳が激しくなり、
 咳き込むたびに右脇腹の肋骨当たりが痛み始めてしまった。
 売薬の咳止めを飲んだが、どうも合わなかったらしく 余計に咳が出てくる有様に
 なった。
 深夜のことだったから、この日は我慢して、翌日の昼過ぎに センセーブ運河の
 向こう側にある下町の市場近くに行き、クリニックを探した。

 市場の通りの入り口に 病気全般の検査をすると看板に書いてあるクリニックに
 行ったが、クリニックが開くのは午後5時過ぎで ここで診察している医者が
 やってくるのは 病院での仕事を終えてからだと クリニックの建物の前にいた
 地元の人に聞いた。
 検査もしてくれるというので 都合がよいと思ったが、午後3時の今では
 待つわけにも行かない。

 それでは仕方が無いので 市場周辺の通りにあるクリニックを探したが 
 大半のクリニックは 夕方からの診察になっており、どこも開いてはいない。
 市場の前の通りをうろうろと歩いたが、どこも開いていないので 路地裏を歩いて
 この通りの1本向こうの大きな通りへと向かった。
 路地裏では 学校から帰ってきた子どもたちが 路地裏を遊び場にして、戯れている。
 バンコクの下町の路地裏の夕時の子どもたちの風物詩である。
 東京の下町の子供たちも かつてはこんな姿だったのだ。

 路地裏を抜けて 市場を挟むもう一本の大通りに出ると 直ぐ目の前にクリニックがあり、
 開業しているようだ。
 ガラス製のドアを開けて、中に入っていくと 3,4人の女性たちがいる。
 診察中であるかと訊くと そうだと答える。
 名前、住所、年齢を言うままに 書き入れて貰うと すぐに血圧を測る。

 それが終わると 医師のいる部屋へと向かうのだが、この時間にいるのは 
 どうも医師一人のようだ。
 診察室は いくつも並んでいるが ここも病院での仕事を終えて、
 医師たちが 夕方過ぎにやってくるのだろう。

 医師のいる部屋に入っていくと 30歳前の若い医師が座り込んでいる。
 病状を伝え、飲んだ薬の種類を伝える。
 ペニシリン系の抗生物質を飲んでいたが あまり効き目が無く、気管支拡張薬を飲むと
 逆に咳が激しくなることを伝える。
 聴診器で 肺の音を確かめるが 別段 異常はないと診断、薬を調合してくれる。
 抗生物質ロキシストロマイシン、抗炎症剤ブレドニゾロン、去痰薬ブロムヘキシン、
 気管支拡張剤サルブタモールの4種類 1週間分をくれる。
 もらった薬については 必ず インターネットでその用途を確かめるようにしている。

 診察代と薬代を含めて 2百バーツ(約550円)である。
 あまりに安くて、耳を疑ってしまった。
 日本で同じ診察で 保険なしで 薬代込みで4千5百円だったから 
 5分の1以下である。
 国民保険だと その3分の1だから、千5百円、それでもタイの方が安い。
 初診料が30バーツというタクシン首相時代のルールがまだ有効なようだ。
 しかし、診察代と1週間の薬代込で2百バーツというのは 1日、2,3百バーツの
 稼ぎで生活している一般庶民にとっては ぎりぎり出せる額だろう。
 バンコクでは 海外旅行保険などと契約している一流市立病院だと 1回の診察と
 薬代で 軽く千バーツを超えてしまう。
 こんな場所は庶民とは無縁の場所である。
 病気になれば、寿命の長さは お金が関係して来るようだ。
 現金収入の少ないタイの村では 病気の治療を受けることも 大きな負担だろう。

 1週間 様子を見て 好転しないようだと 今度は別のクリニックで 本格的な検査を
 してもらうつもりである。

 帰りにサファン・フアチャン(象の頭橋)の上から、センセーブ運河を走る
 水上バス乗り場を眺めると 運河の水かさが上がり、桟橋までやってくる水上バスの勢いで
 水が桟橋の上がってきていた。
 この時期、チャオプラヤ川の水門を開けていて、水位がチャオプラヤ川と同じに
 なっているのかもしれない。
 そんな折、気をつけないと 運河沿いに歩いていると 水上バスの勢いから来る水で
 水浸しになってしまう可能性がある。
 先日など 乗り場の桟橋の上で待っていた人の足元まで水がやってきて、皆 
 逃げ回っていたぐらいだ。

 今のところ、咳は軽くなっているが 無理をして動きまわると 又、ぶり返す恐れが
 ある。
 やはり しばらくは近所の散策程度が限界のようだ。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ





バンコク ある風景 | 09:46:19 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。