■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク 一杯のラーメンから
バンコク 一杯のラーメンから 1

バンコク 一杯のラーメンから 2

バンコク 一杯のラーメンから 3

バンコク 一杯のラーメンから 4

 東京の生活の形から バンコクでの生活の形へと移っていくには どうしても
 時間が必要である。
 気持ちの上でバンコクに馴染んでいくことは 生活の形が整っていかないことには
 落ち着かない日々が続くことになる。

 昨日は まず マンションの前の通りに出て、いつもの屋台の麺類の店で いつも
 食べるバーミー・ヘーン(汁なしラーメン)を食べることにした。
 1ヵ月半前は 通りを歩くだけで 汗が滲み出して来る暑さだったが、季節は乾期に
 変わり、バンコク特有の蒸し暑さも消え去り、爽やかさを増している。

 東北タイでもカンボジア国境に近いブリラムからやって来ている愛想のないおばさんの
 屋台で 麺類も取り立てて美味しいというほどのものではないが この屋台の
 バーミー・ヘーン(汁なしラーメン)は余分な味つけがしてないので 自分で勝手に
 自分好みに ナーム・プラー、唐辛子入り酢、砂糖、唐辛子を使って味をつけていけば
 いい。それがいいのである。
 だから、余程 美味しい店でないと 汁入りラーメンは食べない。
 スープがいい加減で甘すぎると お手上げだ。

 1ヵ月半ぶりにやって来たこの屋台であるが、おばさんはいつもと同じように愛想笑を
 するわけでもない。
 いつもの調子で 「バーミー・ヘーン、麺玉は二つ」と注文すると ただ頷くだけで
 バーミー・ヘーンを作り始める。
 作るといっても麺を茹で、茹で上がった麺に大蒜と一緒に炒めた油を混ぜ、麺の上に
 具を載せ、胡椒を振り掛けるだけだから、時間はかからない。
 このシンプルさが気に入っている。

 おばさんの運んできたバーミー・ヘーンにナーム・プラーをかけ、酢をかけ、少し
 唐辛子を加えて、麺を混ぜ合わせる。
 タイ人ならたっぷり砂糖を加えるが、私はお断りである。

 この屋台の麺類は 一杯25バーツ(約65円)麺玉を二つにすると30バーツ、
 具をたっぷり載せてくれるので嬉しい。
 ここ2年近く値上げはないが、このインフレの中、儲けは減っているだろう。
 特に小麦を輸入に頼るタイでのラーメンの麺玉は値が上がっているだろう。
 セン・ミー、セン・レック、セン・ヤイは米から作るから、米の豊富なタイでは
 問題はないだろう。

 食は生活の基本だから、1日2食なり3食のリズムを作っていくことから 
 生活が始まる。
 買い物にも行かなくてはならない。
 今日は チェンライ産の日本米をMBKセンター(マーブンクロン)の中の
 東急のスーパーで買ってこよう。
 ご飯を炊けば市場から惣菜を買ってくればいい。

 やっと出始めたソム・サイ・ナーム・プン(蜂蜜が入っているように甘い蜜柑)を
 1キロ20バーツで3キロほど買ってきたから、果物の心配はない。

 体力づくり、体力づくり さあ 頑張ろう。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



徒然なるままに | 12:33:53 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-11-27 金 19:50:32 | | [編集]
Re: タイトルなし
この通りは 旅行者の集まる通りで 夜になると寂しい感じの通りになりますね、
残念ながら 私の住んでいるコンドには 九官鳥はいません。

運河の向こうの旧市街の市場あたりまで行くと 昔ながらの庶民的な生活を
見ることが出来、物も安いのでよく出かけていきます。

MBKセンターを中心とした近代消費センターと運河沿いの旧市街の姿が
対象的で 興味深い場所です。
2009-11-27 金 23:50:26 | URL | ひかるの [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。