■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
東京 成田からバンコクへ‐02
東京 成田からバンコクへ‐02

 隣席のアメリカからの里帰りのラオス人は アメリカからの長旅の疲れのせいか
 すっかり 眠り込んでしまったようだ。
 私など バスや飛行機の旅は7時間でも負担になっている。
 ファーストクラスやビジネスクラスであればもう少し長くても 我慢できるかも
 しれないが エコノミークラスなら7時間が限界である。
 旅は若いうちにするもので 若かった頃は 17時間のバスの旅でも気にならなかった。

 何ヶ月前からか ノースウェスト航空とデルタ航空が合併したらしいが バンコクから
 成田に向かう便では お酒は出なかったが、この便では ワインとビールはいくらでも
 飲めるようになっている。
 お酒が出ると 時間つぶしになるし、眠気を催すから都合がよい。
 機内食は これが夕食メニューかと思えるほど ひどいものであったが、ワインと
 ビールが飲めるだけでも救いになる。
 通路を挟んで隣の席の黒人女性は ビールにワインとがぶがぶと飲んでいる。
 私は缶ビールとワインの小瓶で充分である。
 心地よくなる程度で充分で あまり酔いが回ると バンコクのスワンブーム空港からの
 タクシーが怖い。

 心地よくなったところで 小さな液晶テレビで 映画を見ることにする。
 最新のターミネーターとハリーポッターを見るが あまり見ごたえのある映画でもない。
 単に娯楽用に作られた映画で 視覚的に刺激を与えてくれるだけである。
 隣のラオス人は 身体の位置を変えながら、眠り込んでいる。

 二つの映画を観終わると バンコクが近づいてくる。
 予定の到着時間は 午後11時45分であるが どうも11時20分過ぎには
 到着するようだ。
 私のダブルエントリーのタイヴィザの入国期限が before 24th Nov.なので 
 23日内に入国できそうだ。

 飛行機から下りると 下でバスが待っている。
 バスに乗り込むと 如何にも軽そうな日本の若い女の子が3人立っている。
 場所柄も考えず、ふざけあって 混んでいるバスの中で 写真を取り合っている。
 バンコク滞在が つつがなく終わることを祈るだけである。

 バスはターミナルに着く。
 大急ぎで入国の手続きを済ませる。23日 11時45分 入国の手続きは終わり、
 2ヶ月便のヴィザを貰うことができた。

 荷物を受け取り、パブリックタクシー乗り場へ 又、場所が2階から1階へと
 わっている。
 中年のタクシー運転手にあたる。問題はなさそうである。
 東北タイのロイエット出身のタクシー運転手である。これなら ぼられる心配は
 なさそうだ。
 バンコクにやって来て20年になり、子供3人も育て上げ、自前の家もあるようだ。
 場所が クロントーイと言っているから、スラムに住み着き、土地の権利を買い、
 家を建てたのだろう。
 この頃は スラムといっても昔とは違って 小奇麗になっている。
 話をしているうちに マンションの近くまでやってきた。
 タクシーのメーターは 210バーツ 空港待ちの手数料が50バーツ、チップを
 含めて300バーツを支払った。
 今回も何事もなく部屋に到着した。

 バンコクから空港までの電車の線は完成し、今試運転中で、12月5日の国王の
 誕生日に正式に開通されるようである。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


徒然なるままに | 12:47:27 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。