■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
東京 成田からバンコクへ‐01
 バンコクへ向かう日は 秋晴れの上天気だった。
 気温も上がり、野蚕シルクの長袖のTシャツと野蚕シルクのベストだけで充分だった。
 寒い東京、暑いバンコクと季節があまりに違いすぎると 着るものに困ってしまう。
 この日の服装では 少し肌寒くは感じられても 充分に耐えられるものだった。

 錦糸町からJRで船橋へ そして船橋で京成船橋駅に向かう。
 ホームのエスカレーターを上っているときに 特急成田空港行きが来ていたが、30秒
 早かったら、間に合ったが、全くついていない。
 次の成田空港行きが来るまで ホームで20分待つことになってしまった。
 勤労感謝の日の休日のせいか いつもより人が多い。
 やって来た成田空港行きの電車の中も混んでいる。
 この不況の中でも 海外旅行に行く人々は意外といるものだ。
 
 成田空港には 4時20分到着、離陸用の電光掲示板を見ると 夕方6時20分発の
 ノースウェスト航空バンコク行きが 5時50分に変更になっている。
 大急ぎでチェックインカウンターへ行く。
 ノースウェスト航空のバンコク行きは ほぼ満員のせいか、チェックインカウンターも
 混みあっている。
 コンピューターを使ったチェックを済ませ、荷物を預け、搭乗券を受け取る。
 荷物の重さは21.7キロ ノースウェスト航空とデルタ航空が合併してから、
 超過について うるさくなり たかだか1.7キロの超過について 係員が 今回は
 内緒でいいことにしますが、次回からは気をつけてくださいと申し渡される。
 アメリカの航空会社もせこくなったものである。

 出国手続きのために 下に降りてゆく。
 並んでいる人を見ると 大半が 近隣のアジアの国の人のようだ。
 私のすぐ後ろに並んでいるのは タイ人の若いカップルである。

 出国手続きを済ませ、搭乗口へと向かう。
 第1ターミナルでは 登場口までの距離がないから 楽だ。
 搭乗口では もう搭乗が始まっている。
 長い列に並び、機内に入って行く。
 窓際の2列の座席の通路側が私の席である。
 私の隣の窓際の席には アジア系の人が座り込んでいる。

 最初は英語で話しかけたが、ラオス人であることがわかったので 途中からタイ語に
 切り替えた。
 アメリカに移住したのが1986年で 今年で23年目になり、子供も5人、末っ子の
 女の子は勉学中であるが、他の子供はもう働いていると言う。
 長男は 高校を出て働いていたが、軍の海兵隊に入隊し、イラクでの3年間の従軍を
 終え、沖縄の米軍基地での勤務を終え、今年、除隊した。
 移民の人間がアメリカでの生活を安定したものにするために 軍に入隊するという話を
 耳にするが まさにそのケースなのだろう。
 無事に帰還できてよかったとしか言えない。
 アメリカ軍の増派になれば、こうしたアジアやアフリカ、南米からの移民たちが
 率先して 戦地へ送られていくのだろう。
 家族の中の誰かが 生贄のようにアメリカ軍に捧げられるに違いない。
 アメリカンドリームの影には こうした悲惨な状況が隠れているのである。
 異国に住もうとすれば、それだけの代償を払わなくてはならない。
 隣に座ったラオス人は ラオス人100%のようなことを言っていたが、ベトナム系か
 少数の山岳民族のような気がした。
 ラオスからアメリカへ向かうときにも それなりのドラマがあったに違いない。
 この頃では 1年に1回程度は ラオスに帰ってくるという話だが、故郷というものは
 いつまで経っても 人の心を惹きつけるものかも知れない。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ

徒然なるままに | 22:10:03 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。