■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ネパール カトマンズの放浪者たち
ネパール カトマンズの放浪者たち 1

ネパール カトマンズの放浪者たち 2

ネパール カトマンズの放浪者たち 3

ネパール カトマンズの放浪者たち 4

ネパール カトマンズの放浪者たち 5

ネパール カトマンズの放浪者たち 6

 カトマンズの街中を歩いていると 多くのストリートチルドレンに出会う。
 ここ4,5年の間に こうした街を徘徊する子供たちの姿も様変わりをしてきている。
 
 昔から 街の中をうろうろしている子供たちはいたが、大半の子供たちは 家から
 逃げ出し、カトマンズという都会を見てみたいという思いからで、しばらく 
 カトマンズをうろうろと歩き回り、再び、村に帰っていく子供も多かった。
 村に帰っていけない子供たちは ビニール袋などの廃品を集め、お金を手にしたが
 それでは充分でないので レストランの近くに座り込んで 残り物の食べ物を
 もらえるのを待っていたものだった。
 昔は 王宮通りの昔からあるアイスクリーム屋の前が 夕方を過ぎると彼らの常駐の
 場所だった。

 外国人旅行者の集まるタメル地区にはあまり寄り付かず、タメル地区で外国人に
 お金をねだっている子供たちの大半は 家族とともに生活している子供たちで
 小遣い稼ぎのためにタメル地区を徘徊していた。

 それが近頃は 子供たちの姿も変わり、廃品集めをしているのは インド系の
 子供たちで 地方から逃げ出してきた子供たちは 廃品集めもしなくなり、日長1日
 ふらふらと旅行者の集まる場所を徘徊し、お金を得ると シンナー遊びに耽る子供も
 増えている。
 
 路上で小さな商いをする子供たち、ネパール・インド国境周辺からやって来て
 廃品集めに精出す子供たち、スラムで家族とともに暮らす貧しい子供たち、
 カトマンズでは多種多様な状況の中で 子供たちは生活している。

 その中でも1番荒れている子供たちは タメル地区やニューロード(カトマンズの
 中心的な商店街)辺りで物乞いをしている子供たちだ。
 村で生活していたときも 家族の愛に恵まれていなかった子供たちだ。
 家族に対して少しでも愛を感じていれば、村に帰りたくなるだろうが、そうした思いも
 起こらないくらいに 愛情から遠いところにいる子供たちだ。
 大人に対する不信の中で育ってきた子供たちが 大人に対する信頼を取り戻すことは
 至難の業だろう。
 こうした子供たちを施設に入れたとしても すぐさま逃げ出してしまうだろう。
 膨大な人間的なエネルギーを注がないと 彼らの心も生活も変えることは出来ない。

 彼らの姿を見ていると そこまでのエネルギーのない私にとっては ため息と苦痛が
 生まれて来るだけだ。
 物質的な援助だけでは 彼らの心を変えることは出来ない。
 ストリートチルドレンを救うために施設をつくるための、あるいは運営していくための
 お金を集めているネパール人や外国人がいるが 扱いやすい子供だけを相手にしている
 ようにしか思えない。
 孤児だ、ストリートチルドレンと言いながら それは本当なのだろうかという疑いも
 湧いてくる。

 街を徘徊するストリートチルドレンの未来はというと 絶望的な思いになる。
 それほど20年以上前のストリートチルドレンと今のストリートチルドレンは
 はっきりと違ってきている。
 彼らの大人に対する不信の程度があまりに大きなものになっていることがわかる。
 シンナー遊び、盗み、その果てには ギャング集団へと向かっていくだろう。
 カトマンズに長くいればいるほど、ひどくなっていく子供たちの姿である。
 そして ますます治安の悪くなっていくカトマンズである。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


カトマンズ 路上で生きる人々 | 11:11:27 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。