■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
タイでの長期滞在を望む人たちへー08 健康
タイでの長期滞在を望む人たちへー08 健康 1

タイでの長期滞在を望む人たちへー08 健康 2

 外国での生活の中で 1番大切なことは 健康ということかもしれない。
 26年間、ネパール、インド、タイで生活してきたが、何度か病院や診療所の
 世話になることもあった。

 26年前に初めてネパールのカトマンズに住みだした頃に最初にかかったのは
 ウィルス感染からくる吹き出物が出来たが、抗生物質で簡単に治癒した。
 
 その後 ネパールからインドを旅したとき、ネパール・インド国境の安宿で
 ひどい水を間違えて飲み、1週間ばかり インドを旅し、カルカッタに到着したときに
 ひどい下痢に襲われ、30分おきのトイレ通いが2,3日続き、下痢の合間を縫って、
 宿の近くのクリニックに行き、インド製の薬をもらって、やっと収まった。
 どうもアメーバー赤痢だったようだ。

 カトマンズで生活していると必ず洗礼を受けるのが ジアルジア症である。
 ランブル鞭毛虫に汚染された飲食物によって引き起こされる。
 不潔なローカルレストランやあまり豊かでない現地の人の家で出された食べものや
 水から感染することがある。
 この病気にかかると下痢になり、硫黄くさいげっぷやおならが出る。
 メトロニダゾール、チニダゾールがこの病気の特効薬である。
 
 goo ヘルスケア ジアルジア症
 http://health.goo.ne.jp/medical/search/10PC2300.html

 虫に刺され、そこから細菌感染し、瞬く間に 右足首が膨れ上がり、凄い痛みに
 襲われたことがある。
 パックチョンに住んでいた頃のことで 公立病院に1週間近く入院し、1日に何本も
 抗生物質の点滴を受け、その上、麻酔なしで 看護師に炎症の箇所をメスで切り
 取られたこともある。
 そのときには 海外旅行保険に入っていたから、そのときの治療費は 病院で
 領収書を作ってもらい、バンコクにある保険会社の支店で支払いを受けた。

 海外で罹った主だった病気はこんなものだったが、他には歯の治療もあった。
 日本で国民健康保険に入っていなかったから、歯の治療もカトマンズやバンコクに
 限られた。
 バンコクでも高い治療費を払えば、日本並みの治療も出来るが、歯の治療は旅行保険が
 利かないので、普通の町の歯医者さんを利用することが多かった。
 治療のレベルは満足できるものではなかったが。

 老後 海外での長期滞在を考えている人は 歯だけは 日本で充分に治療して置く方が
 いいだろう。
 海外での病気の治療は 応急処置と考え、日本に帰って治療するのが1番だろう。
 海外生活が長期にわたるようなら海外旅行保険に入っておくことも一つの方法である。
 ただ 1番安いオプションのものでも 1年で6万円近い、アメリカの9.11のWTC
 崩壊前は3万円くらいだったが、それ以後 倍近くなってしまった。
 1番安いものが 6万円になって以降 私は馬鹿らしくなり、旅行保険をやめてしまった。
 長生きを別に望んではいないから ネパールやタイの庶民並みの治療で充分だと思う
 ようになったからだ。

 今の私とって 1番困ることは日本で病気に罹ってしまうことだ。
 タイやネパールであれば、自分の状態を見ながら、抗生物質の薬を買うことも出来るが、
 日本では 医者の処方箋がないと手に入らない。
 この前も 咳が収まらず、健康保険なしで 検査を受けたら、薬込みで1万4千円、
 薬も咳止めだけ、肺には別に問題はないと言われたが その後の10日間 売薬で
 小康状態を保っているが、バンコク行きまで どうにか今の状態を持たせようと
 思っている。
 栄養補給と休息、睡眠である。
 睡眠のほうは 取りすぎて困るくらいだ。1日10時間以上 寝ている。
 いつも日本に帰ってくるときには 日本で治療を受けなくてもいいように
 注意しているのだが、咳きぐらいと注意を怠ってしまった。

 海外で生活するようになってから 家庭の医学程度の本によく目を通すようになった。
 今なら、インターネットを使えば、病気に対する知識が簡単に分かるようになっていて
 便利である。
 海外で 薬を買うときなどには 大いに参考になる。
 海外で治療を受けるときは 病気の状態を英語で言えるように 単語を 前もって
 調べておいたほうがいい。
 どの国の医者も 英語は通じるはずである。
 日本語の分かる診療所もあるが そんなところはやたら治療費が高いものである。
 海外での長期滞在も 金次第でどんな形もあるから、自分のレベルに合わせれば
 いいだろう。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


旅の情報 | 20:03:53 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。