■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
東京 雨降り
東京 雨降り 1

東京 雨降り 2

東京 雨降り 3

東京 雨降り 4

東京 雨降り 5

東京 雨降り 6

 展示会が終わった翌日から 天候が崩れ始め、雨の降る毎日である。
 季節は これを機会に冬へと進んでいくのだろう。
 バンコクの雨なら 涼しさを呼び込むから嬉しいものだが、この時期の日本の雨は
 寒さの季節に向かう雨だから、恨めしい思いだけが湧いてくる。
 しかし、今の時期の日本の雨でしばらく、お預けだ。
 日本を離れると これから向かうバンコクもネパールのカトマンズも乾期の世界に
 入り、雨とは無縁の世界になる。
 バンコクは これから 過ごしやすい季節になるが、カトマンズは日本と同じように
 秋から冬へと向かう。

 バンコクへ向かうまであと10日ばかり、これから 部屋の片付け、ブータン布の
 写真を撮る仕事が残っている。
 風呂の残り湯があると ブータンの布の中で汚れのひどいものも洗うようにしている。
 体調が回復していないので無理をしない程度に少しずつ 仕事をしている。


    たどり着いたらいつも雨降り
            作詞・作曲 吉田拓郎

  疲れ果てている事は 誰にも隠せはしないだろう
  ところがおいらは何の為に こんなに疲れてしまったのか

  今日という日が そんなにも大きな一日とは思わないが
  それでもやっぱり考えてしまう ああ このけだるさは何だ

  いつかは何処かへ落着こうと 心の置場を捜すだけ
  たどり着いたらいつも雨降り そんな事のくり返し

  やっとこれで俺らの旅も 終ったのかと思ったら
  いつもの事ではあるけれど ああ ここもやっぱりどしゃ降り

  心の中に傘をさして 裸足で歩いている自分が見える

  人の言葉が右の耳から左の耳へと通りすぎる
  それ程頭の中はからっぽになっちまっている

  今日は何故か穏やかで 知らん顔してる自分が見える


 たどり着いたらいつも雨降り   歌 吉田拓郎
 http://www.youtube.com/watch?v=JPihM5wHihA


 日本での雨降りの印象は あまりいいものではない。
 山歩きのときに 雨の中を歩き、合羽のすき間から入り込んでくる雨水の気持ち悪さ、
 寒さを感じさせるみぞれ混じりの初冬の雨に震えたこと、大人になってからは
 雨は嬉しいものではなかった。

 雨が喜びに変わったのは タイやネパールで生活するようになってからだ。
 暑さに包まれ、その暑さにひたすら耐えているときに 突然スコールがやって来て、
 涼風を運んでくる。

 水不足、電力不足のカトマンズの生活の中で 水不足、電力不足を解消してくれる
 ことを期待させる雨、雨はいつも希望の印だった。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


徒然なるままに | 10:40:12 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。