■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
タイでの長期滞在を望む人たちへ‐07 生き場所を求めて
タイでの長期滞在を望む人たちへ‐07 生き場所を求めて 1

タイでの長期滞在を望む人たちへ‐07 生き場所を求めて 2

タイでの長期滞在を望む人たちへ‐07 生き場所を求めて 3

タイでの長期滞在を望む人たちへ‐07 生き場所を求めて 4

タイでの長期滞在を望む人たちへ‐07 生き場所を求めて 5

 人が生きる場所を変えて、別の場所へと移っていくことはどういうことだろう。
 18歳のときに 田舎を離れ、東京で暮らすようになった。
 東京で15年近く生活して それなりに人間関係も出来たが、やはり そこは
 自分の居場所ではないという気持ちは いつでもあったような気がする。
 東京での15年間の生活の中で 大学時代は池袋 その後は 国立、松戸、そして
 市川へと引越しをした。
 仕事絡みで 引越しするというのが主な理由だった。
 田舎から都市に出てきた人間なら 皆 そんな生活だろう。
 1960年代後半から1980年代始めまでの都市生活の中で 心の中で
 口ずさんでいたいくつかの歌があった。
 その中の一つが 泉谷しげるが歌っていた歌 『春夏秋冬』だった。


       春夏秋冬
              作詞・作曲 泉谷しげる

   季節のない街に生まれ 風のない丘に育ち
   夢のない家を出て 愛のない人にあう

   人のためによかれと思い 西から東へかけずりまわる
   やっとみつけたやさしさは いとも たやすく しなびた

   春をながめる余裕もなく 夏をのりきる力もなく
   秋の枯葉に身をつつみ 冬に骨身をさらす

   今日ですべてが終わるのさ 今日ですべてが変わる
   今日ですべてがむくわれる 今日ですべてが始まるのさ

   季節のない街に生まれ 風邪のない丘に育ち
   夢のない家を出て 愛のない人にあう

   となりを横目でのぞき 自分の道をたしかめる
   また ひとつずるくなった 当分 てれ笑いがつづく

   今日ですべてが終わるのさ 今日ですべてが変わる
   今日ですべてがむくわれる 今日ですべてが始まるのさ

   今日ですべてが終わるのさ 今日ですべてが変わる
   今日ですべてがむくわれる 今日ですべてが始まるのさ

 春夏秋冬 歌 泉谷しげる
 http://www.youtube.com/watch?v=ckhTGPx8QHE&feature=related

 住む場所を移るたびに 挫折と期待があったが、そんな中で何を得たのかは
 いつも定かではない。
 しかし、一つの場所に住むことの出来ない人間もいるのである。
 その延長線上に ネパールでの生活も タイでの生活もあったが 何も確実なものは
 なく、あるとすれば、自分が生きているという事実だけだった。

 今から考えても 一つの場所に根付き、そこで家族を作り、子供を育て、地域に根を
 拡げて 生きることができれば それが1番いいことだと思う。
 しかし、仕事人間の男の中には 根付いているつもりでいたが、子供も自分の手を離れ、
 定年退職してしまい、自分の周りを見回してみると、本当は 根付いているものは
 何もなかったと気がつく人間もいるのかもしれない。

 『今日ですべてが終わるのさ 今日ですべてが変わる
    今日ですべてがむくわれる 今日ですべてが始まるのさ』と

 海外での長期滞在を夢見るのかもしれないし、実際に長期滞在を実行してしまうのかも
 しれない。
 海外旅行の一般的でなかった時代なら、田舎から都会に出るのが若者たちの一つの
 形だったのかもしれないが、今は 簡単に海外旅行も海外生活も出来る時代になった
 から、若者たちも 海外生活を始めるようになった。
 何の覚悟もなく なんとなく 始める。
 それが今風なのだろうが、『生きる』という視点を失ってしまうと、海外生活も
 危ういものになる。
 
 歓楽街に行けば、簡単に女の子との係わりが生まれる。
 砂漠のように味気なかった日本の都会での生活から開放され、オアシスのような世界を
 見つけたと錯覚してしまう。
 お金で始まった関係も 孤独の中の日本の生活に比べれば、楽園のように思えてくる。
 一緒にいることを いつの間にか愛と錯覚してしまうことだってある。
 不毛の愛におぼれてしまう怖さもあるが、それすら見えなくなってしまう。
 再び 孤独の生活が始まり、お金で女の子との係わりを求め、あり地獄の中に
 落ちてゆく。
 やはり 新しい始まりはないのである。
 お金で得た変化はイリュージョンであり、自分が変わらない限り、新しい始まりは
 生まれてこない。

 それにどこかで気がつけばいいが、気がつかない限り、同じことの繰り返しになる。
 自分の生活を変える決意がなければ、やはり どこにいても 何も始まらないし、
 何も変わっていかない。
 そして、愛のない孤独の中に置かれ、果てのないむなしさの中で苦しむことになる。
 自分を見つめ、自分を変えようとしない限り、人との関係も変わっていかない。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


展示会 | 23:54:09 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。