■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
タイでの長期滞在を望む人たちへ‐06 人間への好奇心
タイでの長期滞在を望む人たちへ‐06 人間への好奇心 1

タイでの長期滞在を望む人たちへ‐06 人間への好奇心 2

タイでの長期滞在を望む人たちへ‐06 人間への好奇心 3

タイでの長期滞在を望む人たちへ‐06 人間への好奇心 4

タイでの長期滞在を望む人たちへ‐06 人間への好奇心 5

タイでの長期滞在を望む人たちへ‐06 人間への好奇心 6

タイでの長期滞在を望む人たちへ‐06 人間への好奇心 7

 コンケンでの7年間の生活の中での足は 自転車だった。
 暇があれば、コンケンの町の中を 自転車を使って 走り回っていた。
 いつの間にか コンケンの町は 自分の庭のようになっていた。

 布の仕入れ、洋服の縫製で知り合った人々、近所づきあいの中で知り合った人々、
 良くも悪くも そうした付き合いの中で コンケンは自分にとって身近な町に
 なっていった。

 タイでの生活と平行しながら ネパール カトマンズでの生活もあった。
 1年にタイでの生活が5ヶ月、ネパールでの生活が 4,5ヶ月、そして 
 時々インド、残りが東京という生活が 26年間続いてきた。
 そんな生活の中で 1番興味深かったことは 人間を見つめることであり、
 それぞれの国で生活している人々の姿だった。
 ネパール人、インド人、タイ人、そして 日本人、その違いを見つめ、その違いが
 どこから生まれて来るのか それを探ることは 楽しいことだった。
 私が ネパール語、ヒンディ語、タイ語が話せるようになったのも 人間に対する
 好奇心の強さからだったのだろう。

 家族制度、地域共同体の中の人間関係、そして その中で生きる子供、若者、中年、
 老人の姿を眺めることは 飽きることはなかった。
 それは 貧しさとは何か、豊かさとは何か、幸福とは何かを考える機会にもなった。
 国が異なれば 生活文化も異なり、貧しさ、豊か、幸福に対する受け取り方も
 異なることだった。
 日本人の持つ価値観や見方だけでは 貧しさも豊かさも幸福も正しく判断できないと
 いうことがわかってきた。
 又、昔は日本にもあった伝統的な生活文化(家族制度、地域共同体文化)が
 息づいていた。

 そういう視点からみれば、見えてくる世界も 欧米化し、昔ながらの伝統的な
 生活文化を失った今の日本人には 違う次元の豊かさも幸福も見えてこないかも
 しれない。

 アメリカ的な個人主義、モダンライフが人間を幸福にするという嘘が 今の日本では
 現実のものになってきている。
 老人たちは 家族と暮らすこともなくなり、老人ホームなどの施設で暮らすように
 なってきている。
 戦後 欧米式モダンライフを目指したマンションライフは その個人主義を尊重する
 あまり、人々との付き合いを失わせ、家族制度を二世代家族に変えてしまった。
 人々を支え、豊かさを共有する家族制度は失われ、家族はばらばらになり、
 皆 逆に貧しくなってしまった。

 人々の間から笑いが失われ、街は無機質なものに変わり、街の中では 共生する
 人々の姿はなくなっている。
 新しい欧米タイプの法律がどんどん作られ、息苦しさばかりが増していく。
 突然の変化であれば、皆 気がつくが、戦後65年かけて 少しずつ作り上げてきた
 変化には気がつかない。
 この26年間の変化は アジアの各地で起こっているけれど、1番成功したのは
 日本だろう。 

 ネパール、インド、タイ そして日本、浮遊するように生活してきた26年間で
 あるけれど、そのアジア世界の変化を見続けることは 飽きることのない興味を
 与えてくれた。
 人間に対する好奇心がなければ、どこにいても人間の心や姿は見えてこない。
 それは 日本に居ても同じことである。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


旅の情報 | 09:15:56 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。