■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
タイでの長期滞在を望む人たちへ‐04 住む・食べる03
タイでの長期滞在を望む人たちへ‐04 住む・食べる03 1

タイでの長期滞在を望む人たちへ‐04 住む・食べる03 2

タイでの長期滞在を望む人たちへ‐04 住む・食べる03 3

タイでの長期滞在を望む人たちへ‐04 住む・食べる03 4

タイでの長期滞在を望む人たちへ‐04 住む・食べる03 5

 タイにやって来るたびに 過ごしたタイの田舎町 パックチョンでの3年間の生活に
 別れを告げ、3百キロばかり離れた東北タイの中心的な町 コンケンに引越しする
 ことにした。
 手織り布の仕入れの仕事をしていくためには コンケンに住んだほうが都合がよいと
 思ったからだ。
 引越しの大きな理由は 他にあったのだが、今 そのことを書き綴る気持ちには
 なれない。

 地方都市で生活しようと思うなら、やはり その町に親しい知り合いがいることが
 必要条件である。
 住む場所を見つけるにしても 異国の言葉も通じない地方都市では 
 簡単なことではない。
 20年近く前の地方都市 コンケンには まだ不動産屋などない時代である。
 私の場合は いつもコンケンで手織り布を仕入れる知り合いの店があったから、
 そのお陰で住む場所を見つけることが出来た。

 この町には7年ばかり住み、住む場所も3回変えた。
 2,3年住むと町の様子も分かってきたし、タイの経済成長が地方にも影響を与え、
 分譲の新興住宅がどんどん建てられるようになった。
 居住を目的に分譲住宅を買う人間もいたが、投資のために買う人も多かった。
 そんな住宅の大半は 賃貸し住宅になっていることが多かった。
 自転車に乗って 町の中をぐるぐる走り回っていると そんな分譲住宅が 
 たくさんあった。
 賃貸し用の家には 電話番号が貼り付けており、電話をかけて交渉することになる。

 コンケンでの後半の4年間は 出来たばかりの賃貸し分譲住宅を借りることになった。
 1軒の家が2世帯住宅になっている2階建ての家で、2LDKの間取り、シャワー付
 の浴室が 1階と2階にそれぞれあったが 台所は設置しておらず、ガスボンベと
 ガス台を勝手に取り付けて、自炊が出来る形にした。
 当時のコンケンの家賃は安く、庭付きで 1階が12畳くらいの居間と16畳くらいの
 ダイニングキッチンに出来るスペース、浴室、2階は 10畳くらいの部屋が二つと
 浴室、広いベランダもついていた。
 コンケンの駅からも徒歩10分くらいの場所にあって、家賃は月4千バーツだった。
 当時の為替レート 日本円で1万5千円位だった。
 タイ人たちは 7,80万バーツ(約3百万円)で購入し、銀行ローンで支払って
 いた人が多かった。
 すぐそばに分譲住宅を銀行ローンで購入したベトナム系タイ人の兄弟家族が住んでおり、
 この場所に住んだ4年間 親しく付き合い、夕食を作りあって、一緒に食べることも
 多かった。
 コンケンでは 中国系タイ人とも付き合ったが、計算高い人たちだったが、ベトナム系
 タイ人との方が付き合いやすかった。
 東北タイのメコン川沿いの地域には ラオスを経由して タイにやって来た
 カソリックを信仰するベトナム人が多く住みついていた。
 東北タイでは ビジネスの面でも 中国系タイ人に続くのは彼らだった。

 家を購入していたタイ人の大半は中国系タイ人で いわゆるラーオ系タイ人は
 ほとんどおらず、彼らの仕事は 日雇いで家を建てる仕事だった。

 この借りた家を基点に コンケン市内であれば、自転車に乗って動き回った。
 15年近く前のコンケンは バンコクから450キロも離れていたわりには、
 地方の中心都市といった様子で バンコクから180キロ離れていたパックチョンより
 余程進んでいた。
 コンケン県の県庁所在地ということもあり、比較的大きなホテルが ケンインホテル、
 コンケンホテル、コーサホテルと3軒、中級のホテルを含めるとかなりのホテルが
 あった。
 ディスコなども何箇所かあった。
 市内には 大きなスーパーマーケットも何箇所かあり、郊外には 大型スーパーの
 ロータスやビッグCも建てられていた。
 KFC、ピザハット、ミスタードーナツ、ダンキンドーナツ、洋食、タイレストランも
 多く、ないのは日本食レストランだけだった。

 私がバンコクに移る頃には マンション建設も始まっていたが、タイの金融危機に
 陥り、その後、どうなったのだろう。
 便利さだけを考えれば、その当時のチェンマイより便利だったような気がする。
 バンコクに引っ越してきても 取り立ててバンコクが便利であると感じることは
 なかった。
 ただ違っていたのは 日本米や日本食の材料が バンコクでは手に入れやすいこと
 くらいだった。

 手織り布の仕入れということであれば、ウドン、ノンカイにも近く、バスを使って、
 日帰りで布の仕入れが出来たし、コンケンでいつも布を仕入れ、洋服の縫製を頼む店も
 自転車で5分のところにあり、仕事上、移動が楽になった。

 ただ コンケンで耐えられなかったのは 夏の暑さだった。
 内陸部に位置する東北タイの気候といえば、冬は冷え込み(といっても日本の初秋)、
 夏はやたら暑く、暑いときには 日中40度近くにまでなったはずだ。
 木造住宅であれば、夜はしのげたが、コンクリート住宅では 熱がこもり、
 冷房なしには 気持ちよく寝ることはできなかった。
 インドの夏も暑かったが、東北タイのコンケンの夏も暑かった。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



展示会 | 18:48:21 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。