■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
東京 展示会 展示品リスト05‐日本人が好む色合い
東京 展示会 展示品リスト05‐日本人が好む色合い 1

東京 展示会 展示品リスト05‐日本人が好む色合い 2

東京 展示会 展示品リスト05‐日本人が好む色合い 3

東京 展示会 展示品リスト05‐日本人が好む色合い 4

東京 展示会 展示品リスト05‐日本人が好む色合い 5

東京 展示会 展示品リスト05‐日本人が好む色合い 6

 野蚕シルクのキラの中でも 青が基調になっているキラには 見ていて
 日本人としては 落ち着くのではと思う。
 そんな野蚕シルクのキラ アイカプールがある。
 赤を基調にしたキラとは違って、ついつい惹きつけられてしまうのは 藍染めを
 眼にすることの多い日本人の習性だろう。

 ブータンでも藍は育てられているが 大半はインドからやってくるインディゴ藍の
 ようだ。
 カトマンズで布を売るインドのマルワリ商人の店で インディゴ藍の塊を 
 天秤ばかりを使って キロ単位で売っているのをよく見かけた。
 チベット人がチベッタンカーペットの藍色の毛糸を染めるのに このインディゴ藍を
 求めていた。

 藍染めはシルクを痛めると言うが 野蚕シルクに対する影響についてはどうなのだろう。
 写真の野蚕シルクのキラ アイカプールは織られて5,60年 経ているものだが、
 インド藍で染められた野蚕シルク糸に悪影響が現れているようには思えない。


 今日も朝から曇り空、気温も下がり、ここ半年以上 暑い夏の気候に慣れていた
 身体には応える。
 東京でもこの気温が続けば、紅葉も進んでいくだろう。
 体調の回復のために お茶に生姜を入れたり、乳酸菌の働きを高めるというキムチを
 食べるようにしている。
 熱は別にないが ここ1ヶ月ばかり 咳が収まらず、鬱陶しい。
 別に豚インフルエンザにかかったわけではないだろう。

 タイでもそうだったが 豚インフルエンザの感染から 多くの死者が出たが、
 今は小康状態のようだ。
 日本では ワクチン接種について いろいろ報道されているようだ。

 豚インフルエンザのワクチンについては こんな情報もある。
 時間があれば 読んで参考にするのもいいかもしれない。

   **富裕層用ワクチンと一般人(ゴイム)用ワクチン:ロシアは警告する**
     http://quasimoto.exblog.jp/11416795/

 今の世界、いろいろな情報が隠されていて真実を知ることが困難な時代である。
 テレビも新聞も もう一般国民の味方ではなくなっている。
 自分のことや自分の家族のことは 自分で護ることが必要になってきている。
 そのためには 知って置かなくてはならないことが山ほどある複雑な社会に
 なってしまった。
 科学を悪用する人間の悪知恵を理解するには 努力が必要だ。




++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


展示会 | 16:19:57 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。