■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
東京 貧しさとは?
東京 貧しさとは? 1

東京 貧しさとは? 2

東京 貧しさとは? 3

東京 貧しさとは? 4

東京 貧しさとは? 5

東京 貧しさとは? 6

東京 貧しさとは? 7

東京 貧しさとは? 8

昨日 厚生労働省から 2006年に日本政府が調査した相対的貧困率の発表があった。
 
 ***貧困率:日本15.7% 先進国で際立つ高水準***

 長妻昭厚生労働相は20日、国民の貧困層の割合を示す指標である「相対的貧困率」が、
 06年時点で15.7%だったと発表した。
 日本政府として貧困率を算出したのは初めて。経済協力開発機構(OECD)が報告した
 03年のデータでは、日本は加盟30カ国中4番目に悪い27位の14.9%で
 状況は悪化している。
 日本の貧困が先進諸国で際立っていることが浮き彫りとなった。
 相対的貧困率は、国民の所得分布の中央値と比較して、半分に満たない国民の割合。
 今回はOECDの算出方法を踏襲した。
 06年の子供(17歳以下)の相対的貧困率も14.2%で、03年のOECDデータの
 13.7%(30カ国中19位)より悪化している。
 03年OECDデータで貧困率が最も高いのは、メキシコの18.4%で、
 トルコ17.5%、米国17.1%と続く。
 最も低いのはデンマークとスウェーデンの5.3%。
 長妻厚労相は「OECDの中でもワーストの範ちゅうに入っており、ナショナル
 ミニマム(国が保障する最低限度の生活)と連動して考えたい。来年度から支給する
 子ども手当で貧困率がどう変化するかもシミュレーションしていく」と述べた。
 民主党は衆院選マニフェスト(政権公約)で貧困の実態調査と対策を明記していた。
                                 【佐藤浩】
     ▽相対的貧困率▽ 

  国民一人一人の所得(等価可処分所得)を順に並べて真ん中の額(中央値)を
  割り出し、その額の半額に満たない人の割合がどのくらいかを示す。
  国民の経済格差を示す指標となる。等価可処分所得は、直接税などを除いた世帯の
  可処分所得を世帯の人数の平方根で割って算出する。
  06年の所得を基にした中央値は228万円。
                                ~ 毎日新聞より


 こういう相対的貧困率のような数値を見ると 考え込んでしまうところがある。
 貧しさとは何か。
 日本であれば 中央地が1世帯あたり年収228万円であれば、その半分の収入の
 114万円以下は貧しいことになるし、7人に1人は 貧困の中にいることになる。
 月収にすれば 9万円ということになる。
 都市であれば 5,6万円の家賃に電気代、水道代、電話代を含めると6,7万円
 残りは3万円 食費その他に使える金額は 1日千円、家賃・光熱費のレベルを
 落とせば、独り者であれば どうにかなるだろうが、子供がいるとすれば 
 生活することは 至難の業である。

 ネパールのカトマンズ、タイのバンコクでの人々の生活水準はもっと低いだろう。
 それでも カトマンズやバンコクの貧しい人たちの方が 気持ちの上では楽だろう。
 一つには カトマンズやバンコクでは 貧しい人たちの割合が 日本より高く、
 貧しい人たちは 地域的にまとまって住んでいるから、貧しい同士という仲間意識も
 ある。
 世の中には金持ちもいるが、貧しいのは自分だけではない、世の中の人の大半の人は
 貧しいという慰めのようなものもある。
 貧しい中でどうやって生きていくのかという知恵を 近所の人たちから学べるし、
 支えあうところもある。
 独りで悩む必要はないのである。
 周りの皆も貧しいのだから 貧しい中で生きていくことを受け入れることも出来る。
 貧しい人たちの住む下町では 食べ物の値段も安く、贅沢さえしなければ どうにか
 生活できるものである。
 昔に比べれば、目にする人々の生活もだんだん贅沢になってきているが それは一部の
 人たちの姿であって、大半の人たちはやはり、貧しいのである。
 だから、気持ちの上では耐えられるのである。

 今から4,50年前の日本だって 貧しかった。
 食べることだって、腹いっぱい食べることなど出来なかったし、いつも腹をすかせて
 いた。
 着るものだって、贅沢なものではなかったし、親が子供におしゃれをさせるという
 ことなどなかった。
 大半のものが貧しかったから、貧しいことが気にならなかったし、
 それが当たり前だと思っていたのである。

 しかし、今の日本はどうだろう。
 テレビをつければ、グルメ、贅沢な旅、娯楽、ファッションがこれでもかというほど
 眼に入ってくる。
 街を歩けば、買いたいものが いたるところに並べられている。
 皆が出来ることが出来ない、皆が買えるものが買えないというのは 
 切実なフラストレーションにもなるだろう。
 皆が貧しいからという慰めもなく、貧しい中で支えあう仲間もなく、孤立してしまえば、
 貧しくお金がないことが 大きな重荷になってくるのである。
 貧しい中で生活していくための知恵を手に入れる難しい。
 そんなことを教えてくれる地域社会もないし、貧しくても安く生活できる場所もない。

 今のように派遣社員、パートという非正規社員が3割以上を占めるようになると、
 未来に希望を託してがんばろうという気も失せてしまうだろう。
 努力次第でどうにかなるという社会ではなくなっている。
 1番怖いこと、苦しいことは孤立した中での貧しさである。

 40年、50年前であれば、就職するといえば、大半は正規社員としての就職だった。
 能力があってもなくても 会社が責任を持って雇い続けるというのが 日本の姿だった。
 
 アメリカの年次要望書を受け入れ、実力社会という言葉に騙されて、日本社会は
 アメリカ並みの相対貧困率になってしまっている。
 アメリカ社会が 決して日本の見本にはならなかったことの証明だ。
 アジア的共生社会より アメリカ的弱肉強食の社会を選んでしまった結果である。
 アメリカ的奴隷社会、弱者を奴隷のようにこき使い、強者はひたすら富を蓄積する
 社会では 人間の幸福は生まれてこない。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ



東京 | 23:38:42 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。