■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
東京 日曜日の午後の公園
東京 日曜日の午後の公園 1

東京 日曜日の午後の公園 2

東京 日曜日の午後の公園 3

東京 日曜日の午後の公園 4

東京 日曜日の午後の公園 5

東京 日曜日の午後の公園 6

東京 日曜日の午後の公園 7

東京 日曜日の午後の公園 8

 台風18号が関東地方を通過する最中に カトマンズ、バンコクでの5ヶ月の生活を
 終え、帰国した。
 5月の連休後に 日本を発ったから、春から秋へと季節は移っている。
 カトマンズ、バンコクともに真夏のような季節を5ヶ月も過ごして帰国すると、
 汗をかくことのない日本の秋の気候は 快適なものである。

 帰国してからの10日間は 展示会のための案内状作り、展示会場になるギャラリーの
 オーナーとの打ち合わせと落ち着かない日が続いた。
 案内状も出来上がり、やっと一息ついたところだ。

 今やっていることといえば、展示会で展示するブータンの野蚕の手紡ぎ布などの選択で
 ある。
 古い布を出してきては ほつれている箇所を 針と糸を使っての針仕事で修復している。
 ブータンのキラ(女性用衣装)などは 織り上げた幅50cm 長さ250cm前後の
 3枚の布を縫い合わせて作る。
 そのために 古い布になると その縫い合わせの部分がほつれてくる。
 それを縫い直す作業である。
 こうした手作業は 時間がかかり、面倒なものだが、黙々と手を使って 
 針を動かしていると 意外と心が落ち着いてくるものだ。

 朝からそんな作業をしていると 眼がしょぼしょぼしてきて、肩も凝ってくるので、
 近くの公園に散歩に出かけることになる。
 昨日の日曜日は 秋晴れの上天気だった。
 寒くもなければ、暑くもない絶好の散歩日和、少し外を歩けば、汗が噴出してくる
 バンコクの気候とは大違いだ。

 公園の中の木々は 春とはすっかり様変わりをしている。
 前回帰国した桜の季節の公園とは違って 今は桜の木もすっかり葉を落としている。
 イチョウの木も少しずつ黄色に色づき始めている。
 東京の都心の紅葉の最盛期は 11月の始め頃だろう。
 公園の中では 人々はジョギングに精を出し、テニスコートでは若者たちがテニスに
 励んでいる。
 公園の中の広場では 親子連れがキャッチボールやボール蹴りを楽しんでいる。
 平日は ホームレス風な人やただただベンチに座り込んでいる人の目立つ公園の中で
 あるが、休日には 公園も生気を取り戻す。
 平和な日曜日の午後である。

 公園を出て 運河沿いを歩く。
 運河に釣り糸をたれて、はぜ釣りを楽しんでいる人の姿が多い。
 この不況時 お金のかかる娯楽より、こうしたささやかな楽しみの方が好まれるのかも
 しれない。
 1番上の写真は 帰国した翌日の台風一過の空であるが 今日は雲一つない秋晴れの
 空だ。
 運河の水に映る建物の姿が美しい。これも春とは違う点だ。

 こうして東京の秋の自然を楽しみながらも 自分にとっては 日本も異国のような
 ものになっている。
 毎日 途切れることなくそこで生活しているから 故郷にもなるし、母国にもなる。
 今の自分から見れば、故郷でもあったし、母国でもあったという過去形の世界に
 なっている。
 豊かな人間関係が育ち、つながりのある地域社会があって、故郷も母国も現実のものに
 なる。

 40年前に田舎から出てきて 15年ばかり住んだ東京、田舎から出てきたときに
 いつも耳にし、口ずさんでいた曲に 吉田拓郎の『どうしてこんなに悲しんだろう』が
 ある。
 東京に溶け込もうとしてもがいていた自分の気持ちと同じものを感じたのだろう。
 その思いは 40年たった今も どこかに残っている。


   どうしてこんなに悲しいんだろう
            吉田拓郎 作詞・作曲

   悲しいだろう 皆同じさ
   同じ夜を むかえてる
   風の中を 一人歩けば
   枯葉が肩で ささやくョ

   どうしてだろう このむなしさは
   誰かに逢えば しずまるかい
   こうして空を 見あげていると
   生きてることさえ むなしいョ

   これが自由というものかしら
   自由になると 淋しいかい
   やっと一人になれたからって
   涙がでたんじゃ困るのサ
   やっぱり僕はひとにもまれて
   皆の中で 生きるのサ

   人の心は 暖かいのサ
   明日はもう一度 ふれたいな
   一人ごとです 気にとめないで
   ときには こんなに思うけど
   明日になるといつもの様に
   心を閉ざしている僕さ

 どうしてこんなに悲しいんだろう/吉田拓郎
 http://www.youtube.com/watch?v=XnBoha90koM&feature=related


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


東京 | 23:09:17 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。