■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク 路地裏の世界‐04 路地裏はユートピア
バンコク 路地裏の世界‐04 路地裏はユートピア 1

バンコク 路地裏の世界‐04 路地裏はユートピア 2

バンコク 路地裏の世界‐04 路地裏はユートピア 3

バンコク 路地裏の世界‐04 路地裏はユートピア 4

バンコク 路地裏の世界‐04 路地裏はユートピア 5

バンコク 路地裏の世界‐04 路地裏はユートピア 6

バンコク 路地裏の世界‐04 路地裏はユートピア 7

バンコク 路地裏の世界‐04 路地裏はユートピア 8

バンコク 路地裏の世界‐04 路地裏はユートピア 9

バンコク 路地裏の世界‐04 路地裏はユートピア 10

 高層ビルの谷間のようになってしまったセンセーブ運河の向こう側にある路地裏の
 ある下町には何でも揃っている。
 路地裏から表通りに出れば、下町の中心には 昔ながらの市場があり、野菜も
 肉・魚、雑貨も 売られている。
 大型スーパーに比べれば、2,3割値段も安い。
 市場の前は 夕方近くなると 多くの屋台や露店が並び、路地裏の棟割長屋で
 生活している人たちが 夕餉の惣菜を求めて 行き交う。
 夕方の7時を過ぎれば、惣菜を売っているほとんどの店では 一斉に大安売りが
 始まる。
 野菜や肉・魚だって 店仕舞い前になると 買うかどうか迷っていると 値段を
 下げて 声をかけてくれる。
 高収入でなくても どうにか生活することが出来る形がまだ残っている。
 お金がなくても 気安く、気楽に生活できるのである。

 パン屋のおばあちゃんも茹でた南京豆を売るおばあちゃんも 表情が明るい。
 学校帰りの中学生たちも楽しげに下校している。
 一時代前の日本の中学生の持っていた表情だ。
 お腹が空いたのか 女子中学生が 寄り道して 市場の中で 嬉しそうに
 なにやら 麺類のようなものを食べている。
 どの光景も贅沢さとは無縁の世界であるが 心のゆとりを感じさせる姿である。

 この地域から 1キロばかり離れた場所には サイアムスクウェアという
 一大消費センターがある。
 そこで売られているものは時代の最先端を行く高級な商品ばかりが売られ、
 やって来る人たちも よそ行きの顔をしている。
 両極端な二つの世界が共存しているバンコクだが、バンコク庶民の住む路地裏の
 ユートピアは いつかは消え去ってしまうだろう。

 豊かさを標榜した未来社会であるが、その豊かさを享受できる人間は限られることが
 だんだんはっきりとした姿になってきている。
 貧しければ貧しいなりに 皆で支えあって生きていく世界が どんどん小さくなり、
 生活することが ますます苦しくなる。
 やはり 今の世界の流れは 何かおかしい。
 汗水たらして、路地裏の作業場で働く人たちや家族が報われない社会、それは
 日本も同じである。

 どうにかこうにか生きていくことが出来る世界が失われたとき、人間の住む社会では
 何が起こってくるのだろう。
 それは現実のものになってきている。
 自殺、陰惨な犯罪、戦争・・・
 生きる場所の回復への道は残されているのだろうか。
 失ったものがなんだったのか それすら思い出せなくなっているのではないだろうか。

 子供たちに豊かな未来をという言葉は美しいけれど、それを実現するための道筋は
 見つかっているのだろうか。
 その答えの手がかりが この路地裏のユートピアにはあるような気がする。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ




バンコク ある風景 | 12:44:54 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。