■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク バンコク都心の縁日‐02 縁日の食べ物
バンコク バンコク都心の縁日‐02 縁日の食べ物 1

バンコク バンコク都心の縁日‐02 縁日の食べ物 2

バンコク バンコク都心の縁日‐02 縁日の食べ物 3

バンコク バンコク都心の縁日‐02 縁日の食べ物 4

バンコク バンコク都心の縁日‐02 縁日の食べ物 5

バンコク バンコク都心の縁日‐02 縁日の食べ物 6

バンコク バンコク都心の縁日‐02 縁日の食べ物 7

バンコク バンコク都心の縁日‐02 縁日の食べ物 8

 バンコクの都心の縁日と言っても 別に神社のお祭りと関わりがあるわけでもなく、
 開けば楽しいからぐらいが 理由だろう。
 バンコクなどは 市場周辺や人がよく行きかう路上には 当たり前のように 露天や
 屋台が並び、毎日が縁日のような街だ。
 だから このMBKセンター横の屋内競技場の前の縁日も 別に特別なものが
 売られているわけではない。
 普段は 別の場所で露天や屋台を開いている人たちが 上手く伝を得て、
 ここに集まったというのが本当のところだろう。

 しかし、そんな露天や屋台でも 一同に会すると お祭り気分も少しは湧いてくる
 ものだ。
 烏賊の串焼きや焼き鳥、豚肉、牛肉、魚肉の練り物の団子の串揚げ、鳥のから揚げ、
 お菓子、昔からのタイ風な飲み物、そんなものを一つ一つ 見て回っていても
 楽しく気分はなる。

 中でも気になった食べ物は ホーイ・トートというタイ風お好み焼きである。
 昔、食べたことがあるが、油がたっぷり使われ、その油にうんざりして しばらく
 食べていなかった。
 私が今回眺めた店では 丸い枠を使い、形のよい如何にもお好み焼きといった感じで
 ガツイ(タイのオカマさん)のお姉さんが 上手に焼いている。
 大きな海老入りのものとムール貝の剥き身の入ったものと2種類ある。
 卵と特性の粉(ペンマンと呼ばれるタピオカから採った粉や米粉?)を水で溶いた
 ものを鉄板の上で焼き、ムール貝の剥き身を加え、最後にたっぷりとモヤシを加えて、
 焼き上げる。
 海老入りは高そうなので ムール貝入りのものを頼んだ。
 一皿40バーツ、なかなかいい値段である。量があるからだろう。
 普通 売っているものは20バーツくらいではないだろうか。

 出来上がったものにチリソースやナムプラーなどをかけて食べるのだが、
 意外と硬くカリカリした食感である。
 日本のお好み焼きに慣れている日本人には少し抵抗がある。
 味付けに使うチリソースやナムプラーも工夫がなくて、特製たれなどを工夫すれば、
 もっと美味しく食べることが出来るのではと思うがどうだろう。
 ホイソース、チリソース、ナムプラー、醤油、酢、大蒜などを上手く混ぜ合わせて
 たれを作れば、美味しいものが出来ると思う。
 それは 日本人の味覚を持つ私の好みである。

 ただ 1週間というその期間限りの食べ物の屋台の味は 市場周辺や人の行きかう
 路上で 毎日出ている屋台に比べると 落ちるようだ。
 いつも同じ客を相手にしていれば、まずければ、固定の客はつかない。
 何年も同じ場所で同じ食べ物を売り続けていくためにはそれなりの味が必要だ。
 通りすがりの客相手だけでは やっていけない。

 その後 もう一度 この縁日にやってきて 夕食のおかず用に カー・ムー(豚足の
 煮込み)をビニールの袋に詰めてもらい、部屋に持って帰り、炊いたご飯と一緒に
 食べてみたが、豚足を煮込むスープに工夫がなく、ただ砂糖と醤油で煮ただけの
 単純な味付けだった。
 この工夫のない味付けでは 一度は知らずに食べても 二度目はない。
 縁日の屋台料理とそんなものなのかもしれない。

 久し振りのMBKセンター横の広場の縁日だから、いろいろつまみ食いをしてみたが、
 どれもこれも 通りかかった客を相手にする味で 納得するものはなかった。

 食べ物ではないが 大安売りの1枚百バーツの厚手のバスタオルを買ったのが
 収穫ぐらいのものだが、これだって 別の場所だったら もっと安く手に入ったかも
 しれない。
 雰囲気を楽しむのが 縁日の楽しみなのだろう。



++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


バンコク風情 | 11:12:04 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。