■プロフィール

ひかるの

Author:ひかるの
25年間、ネパール、インド、タイと 
うろうろ歩き回っています。
アジアの工芸、人々の生活を 眼で、
身体で確かめ、伝えていきます。

** 格安にて カトマンズ案内致します **

■最近の記事

■Automatic translation WEB site
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー

■FC2カウンター

■あしとも

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バンコク パーン・ファー船乗り場周辺‐07 余禄
バンコク パーン・ファー船乗り場周辺‐07 余禄 1

バンコク パーン・ファー船乗り場周辺‐07 余禄 2

バンコク パーン・ファー船乗り場周辺‐07 余禄 3

バンコク パーン・ファー船乗り場周辺‐07 余禄 4

バンコク パーン・ファー船乗り場周辺‐07 余禄 5

バンコク パーン・ファー船乗り場周辺‐07 余禄 6

バンコク パーン・ファー船乗り場周辺‐07 余禄 7

バンコク パーン・ファー船乗り場周辺‐07 余禄 8

 ワット・テープティダラムのすぐ脇には ロッド・テープティダ運河が流れている。
 この運河は ラタナコウシン朝の創始者 ラーマ1世によって ラタナコウシン島を
 形作る古い運河 ロッド運河と新たに造られたオンアン運河をつなぐために造られた
 運河である。

 オンアン運河とロッド運河をつなぐこのロッド・テープティダ運河の河畔には
 貴族の屋敷がたくさん建ち並んでいる。
 大半は ラーマ4世、5世の時代に建てられた王族・貴族の屋敷である。
 旧王宮に近づけば、近づくほどそうした屋敷は多くなる。
 大きな屋敷であれば、ラーマ4世、5世の息子や孫の屋敷だったのだろうが、
 今では その屋敷の周辺には バンコク庶民たちが住み着き、その木造の家々に
 隠れていて、眼にすることは難しくなっている。
 ラーマ4世もラーマ5世も 百人を超える妃がいたといわれ、その子供や孫たちの
 ために 屋敷を用意するというのは大変なことだっただろう。

 1932年の立憲革命以降、一般庶民に移動が認められるようになり、多くの人々が
 地方から仕事を求めて入り込んでくるようになる。
 ラーマ7世の時代以降は 王室の権威・地位が 立憲革命政府によって、貶められて
 いた時代であったから、地方から流入してきた人々は 広い敷地を持つ王族や貴族の
 屋敷の周りに住み着くようになったのだろう。
 土地は王室のものではあるが、木造の家は自分のものであり、地代を王室財産管理局に
 納めるといった形になっている。
 バンコクの中には 王室財産管理局に地代を納めて 住み着いている場所が意外と
 多い。

 路地裏に入り込んでみると 白亜の立派な屋敷があり、その所有者はラーマ5世の
 曾孫であるらしいが、しばらくの間は学校として使われていたらしいが、今は誰も
 住んでおらず、時々屋敷の様子を見にやってくるだけらしい。
 この屋敷の周りには 数十年前から住みついているバンコク庶民の木造の家が
 密集している。
 今では 車も入ることが出来ない状態になっており、こんなに密集した場所に
 住む気もしないだろう。
 皆 バンコク郊外に広い敷地のある屋敷を建て、引越をしたのだろう。

 百年前なら バンコクも人口が少なく、ロッド運河とオンアン運河を結ぶ
 このテープティダ・ロッド運河周辺は王族・貴族の屋敷が 広い敷地の中で 
 その美しい姿を見せていたのだろうが、今では朽ちるに任せている屋敷も多く、
 密集した集落の中では その栄華を僅かに残すばかりである。

 暑さに疲れ、歩き回ることが限界になり、再び パーン・ファイ船乗り場へ行き、
 水上バスに乗り、帰路へと向かった。

 以前 このテープティダ・ロッド運河周辺をよく歩き回った。
 そのときに記事にしたのが 以下のものである。
 興味のある方は お読みください。

 バンコクを歩く-14 四つの運河に囲まれて住む人々‐2
 http://asiancloth.blog69.fc2.com/blog-entry-270.html

 バンコクを歩く-14 四つの運河に囲まれて住む人々‐3
 http://asiancloth.blog69.fc2.com/blog-entry-271.html

 旧市街の中で今も生活する人々の姿がレポートしています。
 長い歴史を持つ地区は 歩き回っているだけで 心惹かれる情景に出会うものです。


++ブログランキングへの協力をお願いします。++

  ** 忘れないで **
       ↓
日本ブログ村ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
   ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングに参加しています。
**面白いと思ったらクリック**
  人気ブログランキングへ


バンコク風情 | 20:24:43 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。